トップライト

2015年7月10日

久しぶりに太陽の日差しが快く感じられた一日でした。

そこで今日は日射熱取得や採光に有効なトップライトについて書いてみます。

トップライトは屋根面や垂直面日射量の3倍ほどになる為
夏場には強烈な日射を受け、屋内の温度が上昇します。
室内のオーバーヒート防止や冷房エネルギーの増加を防ぐ為
日射遮蔽が必要不可欠となります。

また、窓表面の結露は、外気と屋内温度との差が大きい場合に発生し
冬期には窓の室内側に発生しやすくなり、とくにトップライトは排気側となりやすい
建物の上部に取り付く為、一般の窓よりも結露に注意が必要です。
対策としてはトップライトの断熱性を高めたり、相対湿度が高くなる場所や
低温となる空間には設置しないようにします。

また、トップライトの夏場のオーバーヒートを軽減するには、天窓の内側に日射を遮る
遮蔽物(ロールスクリーン・ブラインド)を設置することが大切ですが、日射遮蔽物を
ガラスに密着させると、ガラスの熱割れが発生する恐れがある為、ガラスと遮蔽物の間は
最低でも100mm以上確保する事が大切です。


こちらは現場の様子です。
杭工事を行っています。
CIMG4042.JPG

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求