地下室の結露

2015年7月5日

気温はあまり高くないのに湿度が65%と高く、少し動くと体中に汗が出てくる感じの
一日でした。

さて、今日は地下室について書きます。

地下室は夏期に結露する。または高湿になります。
地中深くなるにつれて温度が年間を通じて一定となりますが、夏期には躯体表面が
室内温度に比べて低くなることが主な原因です。

真夏の暑い時でも地下5mの地下温度は夏におおよそ15℃になり
例えば、室内温度が27℃、相対湿度60%の場合地下室は
床壁表面温度が18℃になると結露し、結露しない場合でも表面温度が22℃の場合
壁表面付近の相対湿度は80%となり、カビの発生しやすい環境になります。
地下室壁や床を透湿抵抗の高い断熱材で断熱して、夏期はエアコン・除湿器などで
除湿を図ることが大切です。

換気システムとしては、夏期は1階などで除湿された空気を導入する
第3種換気か、除湿も兼ねて全熱回収型換気装置を用います。
外気を直接地下室に導入する換気システムの採用は、絶対に避けなければいけません。
地下室は熱的には安定した空間ですが、最大の問題は夏期の結露です。
その緩和策としては除湿と断熱材しかなさそうです。

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求