リフォームについて

2015年6月28日

日曜日の朝は静かでホッと一息つける時間があります。

最近リフォームの仕事が増えています。

耐震リフォームはお客様のニーズや予算に応じて3段階に分けられます。
①リフォームなしの耐震補強
②全体的な耐震リフォーム
③限定的な耐震リフォーム

耐震リフォームでは主に次の6点について施工します。
①壁の補強(構造用合板や筋交などの耐力要素をバランスよく増設)
②接合部の補強(花棚・柱頭の接合部、筋交接合部、柱梁接合部など)
③水平構造面の補強(屋根・床の強度、剛性の向上)
④基礎補強(ひび割れ補強、曲げ及びせん断強度の向上)
⑤劣化改善(腐朽、蟻害部材の交換・改善)
⑥軽量化(屋根の葺き替え、外壁の塗り替え)
この6点です。

これらは、出来るだけまんべんなく施工したいところですが、特に①の壁の補強は
倒壊しない建物にする上で最も重要な要素になるので、最優先で施工したい場所です。

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求