火をコントロールする

2015年6月16日


雨は降らなくてはっきりしない空模様が一日中続きました

木造住宅の火事ではよく
「火の回りが早かった」という言葉を聞きます
コンロの火や天ぷら油の過熱、寝たばこ、線香などが出火元となって住宅火災は起きますが
出火後すぐに出火元周辺の可燃物や壁、天井の内装仕上げ材に燃え広がり
10分前後で建物全体の火災にまで進展することもあります

物が燃える際には、酸素と可燃物と出火元の3つが必要ですが
木造住宅には常に酸素と可燃物が存在しています
木造の可燃物としては
①家具や書籍、内装仕上げ材などの収納可燃物と
柱や梁、床板などの
②構造躯体可燃物
の2種類があります(燃え草といいます)
木造住宅の場合、大量に存在する2つの燃え草が同時に激しく燃えないようにすることが重要です

具体的には、①の収納可燃物が燃えてから、時間差で②の構造躯体が燃えるように
燃え方をコントロールすることで家事に強い木造住宅をつくることができます

現在、木造住宅では2階建ての場合には省令準耐火建築物
3階建てには準耐火建築物にして火災に強い住宅になっていています
保険料も一般住宅の火災保険の半額になっています
また、木材に十分な太さや厚さがあれば部材内部までは火がなかなか進みません
たとえば、24cmの角の大黒柱が30分間の火災にあったとしても1.8cmほどしか燃えません
燃え残った部分が構造的に問題ない性能をもっていれば建物の崩壊は起こらないし
木材も太く厚く使うことで火災に耐える性能を与える事が可能です


ページの先頭へ

お問合せ・資料請求