網戸のお手入れ

2015年6月9日

関東甲信越は昨日梅雨入り宣言がされました。
アジサイの花も日ごとに大きくなっています。

さて、これからの季節家の中で早めに手入れをしておきた場所は・・・網戸
今日はこの網戸について書いてみます。

手入れ方法として、普段はハタキをかけゴミやホコリを落とし、目詰まりしなようにします。
掃除機を使ってホコリを取るときは、網の裏に新聞紙を当てて掃除機をかけるとホコリが取れ、
アミも弛むことながなく、内側から外側の順に行います。
汚れがひどいときは、住居用洗剤を溶かした液を使って、ブラシやスポンジで網戸を両側から
叩くようにして洗い、その後水洗いをし陰干しをして完了。
洗剤をしっかり洗い流しきるのが肝心です。

アミはポリプロピレン製で、火や熱・薬品類に弱く溶けることがあり、特にタバコの火には
注意が必要です。

それから網戸の補修方法として、まず同じアミを必要分購入します。
次に穴の開いた部分だけをカットし、一回り穴より大きなサイズにカットし穴の開いた部分に
被せボンドと接着します。
小さな穴ならば、マニキュアを何回か塗れば補修できます。

それからアミに弛みがある場合、軽くドライヤーを当てるとハリが出ます。
網戸から20~30センチほど離し、熱風を当てたり止めたりを繰り返します。


それでも直らない場合は、網戸全体を張り替えなければなりません。

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求