夏型結露

2015年6月5日

天気予報より早く雨が降り出してきて梅雨も間近い感じがします。
そこで夏型結露について書きます。

夏型結露は、外壁合板などに収着されている水分が、日射によって加熱されて
放出することが主な原因です。
合板などから水分蒸発が生じると、接する断熱材の外気側の水蒸気圧が高くなり、
室内側へ移動します。室内で冷房するなどして断熱材の室内側表面が露点になっていると
その部分で結露が発生するというしくみです。
一般に夏型結露は、外部から水分供給されなければ、もともと含んでいる水分が内部で移動する
現象であり、昼に内部結露を生じても温度低下する夜間にはまた元の乾燥状態に戻ります。
ただし、初期含水率の高い材料などを使用したり、雨水などの侵入で含水率が高い状態を
つくり出すと、まれに湿宮になる場合があるので注意が必要です。

夏型結露を防止するポイントとしては、内壁側に防湿気密層を確保すること、外壁側には
合板の上に透湿防水シートを施工し、通気層を確保することなどが挙げられます。

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求