地域型住宅グリーン化事業について

2015年5月23日

昨年、来なかったツバメがまた来ました!
事務所の1階の天井の梁に、一昨年まで使っていた巣を修理しはじめています。
懐かしを感じました。

今日は午後から神奈川県にある建設プラザに、今年度の地域型住宅グリーン化事業の
説明会に行き、説明を聞いてきました。
昨年度までの地域ブランド化事業と変りはなかったのですが

①長寿命型(長期優良住宅・木造新築)                      補助金最大 120万円
②高度省エネ型(認定低炭素住宅・木造新築及)                 補助金最大 120万円
③高度省エネ型(ゼロエネルギー住宅・木造新築及び改修)          補助金最大 185万円 
④優良建築物型(認定低炭素建築物等一定の良質な建築物・木造新築) 補助金最大 1万円/㎡

のようになっています。

事業趣旨として
地域における木造住宅の生産体制を強化し、環境負荷の低減を図るため、
流通事業者、建築士、中小工務店等が連携して取り組む木造の長期優良住宅、ゼロ・エネルギー住宅及び認定低炭素住宅並びに認定低炭素建築物等の一定の良質な建築物(非住宅)の建設に対して補助するものです。

私も現在長期優良住宅の認定の設計をしている真最中です。
お客様のお役に立てる仕事をさせて頂いております。また、高度省エネ型・優良建築物型に対しても
一層力を入れて取り組ん行きたいと思っています。

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求