地域型住宅グリーン化事業

2015年5月20日

一日中薄曇りでしたが暑すぎることもなく動き回っていました

いよいよ2015年度「地域型住宅グリーン化事業」が動き出しました
同事業は地域における木造建築の生産体制の強化などを目的とした補助事業です
中小規模の施工業者が木材供給関連の事業者などと構成するグループに対して
共通の地域材活用ルールの下で省エネ性や耐久性に優れた木造建築を建てることを支援する
6年前から昨年まで実施していた「地域型住宅ブランド化事業」の後継事業にあたり
1棟当たり最大185万円支給です

1)長期優良住宅 2)認定低炭素住宅 3)ゼロエネルギー
4)認定低炭素建築物などの一定の良質な非住宅建築 です
木造住宅で補助する上限の戸数は施行業者一社当たり10戸までとなり
昨年度までの2倍に拡大しました

また、ゼロエネルギー型は一社当たり3戸となり、合わせて最大13戸までの補助対象になります
補助対象業者は年間50戸未満の施工業者に限ります
私もこの事業に参加して6年になりますが
今年度も長期優良住宅、認定低炭素住宅、ゼロエネ住宅に
より一層力を入れていきたいと思います


ページの先頭へ

お問合せ・資料請求