カビ・ダニ対策

2015年5月15日

朝夕は風があり涼しいのですが、日中は気温と湿度が高くなり
少し歩いても暑さを感じる一日でした。

もう1ヶ月もしないうちに梅雨の季節になるので、カビやダニに注意しておきたいものです。
カビの発生は気温25℃~30℃、湿度70%以上で建材や仕上材に使われる接着剤や糊を
養分として、結露によるシミや湿気のある場所に発生します。
まず風通しをよ良くすることで結露を防ぎたいものです。

家具の裏側や押入れの奥などは風通しが悪く、高湿度で影が発生しやすくなっています。
押入れの床にはスノコを敷き、家具の裏側には壁から5㎝ほど離すなどして
通風を良くするのが大事です。
私も自宅の押入れなど梅雨に入らないうちに対応しておきたいと思います。
ダニ対策も同様に通風とこまめな清掃で、清潔にしておくことが大事です。

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求