改めて耐震化は重要

2015年4月28日


日中、昨日と同じくらい暑い一日となり
少しずつ夏が近づいているのを感じさせられます

25日に大地震が起きたネパールで被害者数が増えていてインド、中国など
隣接国を合わせた死者数は一万人を上る恐れがあるとネパール政府の話だそうです
テレビで見ていると、いくつかの歴史的建物が崩壊し迷路のように入り組んだ路地に
並ぶレンガ造りの建物の多くが崩れ無残な姿になっています
早期復旧を願うばかりです
日本では現在住宅のストック役5000万戸のうち耐震性のない住宅は約1000万戸あり
旧耐震基準に建てられた住宅の約7割程あります

これは首都直下型地震が起こったときの被害想定で
現状の耐震比率約80%を100%にすると
全壊棟数も死者も約9割減らす事が可能だそうです
日本でも耐震化がなかなか進んでいないようです
原因としては意識の低さ、自分が生きている間は大丈夫とは・・・です
お金の問題で工事費の捻出がネックになっている場合が多く
工事をしてもなかなかメリットを実感しづらく、この景気の中
お金を貯めておいた方が安心という考えです

今後も身近に発生する災害に対して少しでも被害を少なくする為に
住宅の耐震化を進めていくことが必要だと思います

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求