収納を考える

2015年4月24日

連日心地よい風があり気分爽快で過ごせました。

事務所や倉庫の片付をしていると、処分しても良いと思うものがたくさんあります。
今日は収納について書いてみます。

日本人が持っている物品量は、ヨーロッパに比べると3割多いと言われています。
私たち日本人は、小さな部屋の中に無数に持ち込み、決してそれを捨てようとしないで
住んでいるかも・・・と思う事があります。
収納は押入れ・ウォークイン・扉付棚・納戸などがありますが、物を一時的に
隠すという役割が強いかもしれません。
私もそうですが、屋根裏収納等にしまわれたものは、永久に出てこない例がかなり
ありそうです。
本当は使うべき場所に必要なものがちゃんと入っているという、その場その場の
収納が必要かなと思います。
狭くなりがちなトイレ・洗面所・キッチン等に工夫次第で取付可能かなと思います。
耐力上問題がなければ、柱と柱の間等にも取付可能な場所は家の中にかなりあると思います。

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求