カビの季節

2015年4月14日


昨日程ではないですが雨が降ったり止んだりの天気で困ったものです

これから少しずつ気温が上がっていくとカビが発生します
カビは温度25℃~30℃、湿度70%以上で発生し建材や仕上げに使われる
接着剤や糊を栄養分として結露によるシミや湿度のある場所に発生するので
まず、結露を防ぎ通風を良くする事が重要です

家具の裏側や押入れの奥等は通風が悪く、高湿度でカビが生えやすくなっているので
床にはスノコを敷き壁側は5~10cm程離すなどして
空気の循環を良くしておき、換気通風に気を付け結露を防ぐことです

カビが発生したら薄めた中性洗剤に浸した雑巾を固く絞りよく拭いた後で
ドライヤーや扇風機等で乾燥させます
また、防カビ剤は短期的には効果があります
5月の連休を過ぎますと、カビが発生するので気を付けて
対応策をとることが大事かなと思います

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求