工務店の役割

2015年4月7日


一日中小雨がパラついて肌寒い一日でした
こんなときは家を建てるご予定のお客さまと接し熱気を頂くのが一番!
昨夜と今日の午後とお客さまから熱気を頂き元気になりました

中小工務店は担当技術者自らが住宅に採用する部材や仕様を吟味し
検討、検証を実施し常に個々のお客さまと接することができます
本物素材の持つそれぞれの特性や手入れの仕方
なぜその材料を選んだかという理由などを直接お客さまに伝えることが出来るのです

こうした想いはマニュアルを作って営業の方にしゃべらせても決して伝わるものではありません

無垢の本物の木でできた室内ドアや造作を見慣れていると
塩ビ製の木目を印刷した室内ドアを見たときに、本物と偽物の違いを著しく感じます
物でも仕事でもデザインでもすべて同じかなと思います
価値の高いもの、レベルが高い仕事に接していると「違い」がよく分かりますが
価値の低いもの、レベルの低い仕事しか知らないと、価値があるものに出会っても
その価値が分かりにくいし、どれも同じようなものと思ってしまうのです

無垢の木で出来た床材であるフローリングと木目を印刷したシートを
合板に貼り合わせて表面処理されたフロアを比べると
無垢の床材はワックス掛けなどの手入れが不可欠ですし
季節によって多少の隙間が出来たり、表面が傷つきやすかったりと色々面倒です

一方フローリングは傷が付きにくく中にはキャスターでゴロゴロしても大丈夫というものもあります
床材としての短期的な性能はフロアが優れていますが
価格は無垢のフローリングの方がずっと高いのです

それでも両方の製品を触っているとその価値の違いを感じ無垢のフローリングが欲しくなってくるのです
本物素材を使って時間と共に価値を増やしていく住宅を造るということにおいては
代々中小の工務店に大きな可能性があると思っています

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求