省エネルギー住宅について

2015年3月3日

ひな祭りの今日は少し寒さを感じた一日です。

国土交通省は、2020年までに省エネルギー基準を新築住宅へ適合義務化させることを
盛り込んだ報告書
「今後の住宅・建築物の省エネルギー対策のあり方」について公表しました。
報告書は昨年4月に閣議決定された「エネルギー基本計画」において
新築住宅への省エネ基準の適合義務化や、ZEH(ネットゼロエネルギーハウス)の
推進などが決定されたことを受け、実現に向けた対策が検討されたものです。
具体的には、まず初めに大規模非住宅建築物において、省エネ基準の適合義務化を開始し、
大規模住宅や中規模建築物を経て2020年までに、住宅などの小規模建築物まで段階的に
適合義務化をしていくことが盛り込まれています。
新築住宅では「ネットゼロエネルギーハウス」について、

「2020年までに標準的な新築住宅として、2030年までには新築住宅の平均として
  実現する。」

としていますが、先行きを見極めたいと思います。

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求