熱の動きに注目

2015年1月19日


今日午後ゼロエネ住宅研究会に参加しました
その中で、冬の暖房時の熱の流出割合に興味を持ちましたので紹介します

窓から48% 外壁19% 換気17% 床10% 屋根6% 程という数字です
(平成4年省エネ基準)

この数字を見て段寝るリフォームをするなら内窓ですね
内窓というのは、今ある窓の内側にまた窓を付けるついうものです
開口部の大きな窓のリフォームが一番効果的で
次に小さい窓へ移行したらいいです

効果的な断熱リフォームは内窓をつける
次に気流止め、そして床断熱、天井段寝る、外壁断熱、サッシの交換と続きます
外壁の断熱とサッシの交換は費用が他の工事より大掛かりになります

ちなみに、夏の冷房時の熱の流入割合は
窓71% 外壁13% 屋根9% 換気5% 床2%です

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求