耐震性

2015年1月17日

今日で阪神大震災から20年になります。
地震の恐ろしさ、悲惨さを思い起こします。

政府の地震調査委員会は昨年暮れに「全国地震動予測地図」を改定し公表しました。
これは、今後30年間に震度6弱のゆれに見舞われる確率の分布を示したもので
4年ぶりの全面改訂だそうです。
これによると、首都圏を中心とした地震発生確率が上昇し、確立としては
横浜市が78%(前回67%)と全国で最も高く、水戸・高知が70%と続いています。
同委員会では弱い揺れでも耐震性が低ければ建物は倒壊し、耐震性が十分に高ければ
強くゆれても安全が確保されるとし建物の耐震性が重要としています。

今年も井口住研は最強の耐震等級3の家を造り続けます。

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求