住宅の気密性

2015年1月15日


1日中朝から冷たい雨振り
これで乾燥しきった空気も湿潤になり喉には優しくなりそうですが
寒いので風邪をひかないように注意したいものです

省エネ住宅は欲しいけど、気密性の高い家は嫌!
気密性が高いと空気が汚れて健康に悪そう・・・

住宅の気密性に関してこんなふうに考えている人もいるようです
でも、この考え方は間違いです
断熱と気密はセットで考えたらいいと思います
気密性の悪い家は、せっかく暖房して暖めた空気を外に逃がします
それだけでなく外の冷たい空気が入り込んできます
空気の入れ替えは法定換気計画を行えば心配無いはずです
一方で気密性の高さを数値で競うような話も意味がない気がします
すき間だらけの家は問題ありますが
一定以上の気密を高められれば、ごくわずかなすき間を埋めるか埋めないかに
大きな違いは出てこないようです
気密性を高める事は大事だけれど徹底的に高気密にこだわることは
「良い省エネ住宅」をつくる事とは少し方向性が違うと思います
もう少し勉強してみます

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求