基礎断熱

2014年9月2日


昨日までの雨がスッキリ上がり、綺麗な青空が広がっています。
現場の方も資材の搬入をしてスムーズに進行させたいものです。

現在進行中の現場は基礎断熱を採用しています。
何故なら店舗併用住宅で、1階が店舗で2階が住宅だからです。

長期優良住宅の基準で省エネ性の点で基礎断熱にしました。
来年の冬の到来が楽しみです。

外部の基礎断熱にした場合、シロアリ対策をした断熱材を使用しないとなりません。
断熱材がシロアリの巣になることがあるからです。
結露と共に注意を要します。
基礎外断熱工法を取ると熱橋(ヒートブリッジ)の低減になります。
床断熱や基礎内断熱にした場合、
アンカーボルトやホールダウン金物が熱橋となってしまいますので、基礎外断熱を採用しました。
断熱材を基礎の外に貼ることで、基礎全体が室温に近くなるので、熱橋となりません。

この現場の見学会を10月の半ばに予定しています。
実際にご覧になりたい方は、是非ご来場ください。現物を見ながら説明させて頂きます。

CIMG2616.JPG
[中央にある水色の板状のものを、基礎断熱に使用します]

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求