パッシブデザイン

2014年8月2日

暑い毎日が続くときは、やはり、涼しい省エネ住宅のことを考えます。

省エネ住宅を実現するためには
「パッシブデザインの実現」、「自然エネルギー利用設備の活用」、「効率の良い設備や家電の選択」
の3つの柱があります。

そして、その中でも「パッシブデザインの実現」が省エネ住宅のベースになると思います。

「パッシブデザイン」とは、
最大限に太陽や風の力を利用して、それを調節することによって私たちの暮らしに必要な
「明るさ」「暖かさ」「涼しさ」「新鮮な空気」を獲得する設計の事です。

こうした設計が実現できれば、自然を感じる心地よい暮らしが生まれ
同時にエネルギー消費量を大きく減らすことが可能になると思います。

しかし、テレビなどで自分が小さい頃見慣れていた家屋が放映されると
懐かしく感じながらも、住宅がこれほどまでに進化したことに驚きます。

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求