ランニングコスト

2014年7月30日

28日は伊勢原にある、リクシルで。今日はJBNの東京で
省エネ住宅と一般住宅とのランニングコストの差についての提案を勉強してきました。

簡単に言いますと、
お客さまが家を建てる時、お金の事で一番気にしていることは、「住宅ローン」の事です。

建てられて、生活していく上で「ランニングコスト」については
意外と多くの方が考えていないケースが多く見られます。

35年の住宅ローンを組まれたお客さまが35年間にどれだけの光熱費がかかるのかは重要なことです。

今後、世界的なエネルギー不足に加え、原発の問題、年金受給の問題など
住宅ローンが35年後に終わり
定年後、相変わらず光熱費のかかる住宅では不安ではないでしょうか?

出来るだけエネルギーを使わない住宅。10年、20年、30年、50年先まで考えた住宅
その間、住む人に快適で環境により良い家づくりを提案していきたいと思います。

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求