夏と冬のバランス

2015年1月12日


仕事始めから1週間になり、少しは体調が元に戻った感じです
ただ朝晩の寒さが一段と厳しく感じます

今日お客さまの家にお伺いしたときの事です

築40年の家ですが、とにかく冬寒くて仕方がないそうで
おそらく無断熱の家だなと思う程、床板が冷たく感じます

「快適な住宅」とは「冬暖かく、夏涼しい住宅」です

冬は室内の熱を出来るだけ逃がさないように
断熱化や気密化をすることが大事です
逆に夏は室内の熱を逃がして「涼」をとります
それには、通風や排熱が大切です。

また、入る熱については
冬は日射による熱を十分活用し
夏は日射を遮蔽して出来るだけ熱を入れないようにします

夏と冬では相反することが要求されますので
両方に対応できるバランスのとれた計画がまず大事です。

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求