強い家を・・・

2014年11月26日

連日の雨降りで肌寒く、ひと雨ごとに冬が近づいているのを感じます。

長野北部地震の災害に会われた方々は
余震もあり、さぞかし大変な思いをされていることと思います。
いち早い復旧を願うばかりです。

テレビで見ていると屋根が大きく、立派な家が倒壊している様子が
映し出されていて、痛々しさを感じました。
生活されている方々もご年配の方々が多くみられ
途方にくれている様子です。
本当に天災(地震)は予期せず襲ってくるのですね

私たちは建築の仕事に携わる者にとって家の強度、
地震に対して強い家造り、街造りを常に心がけていかなければと
つくづく思いしらされました。

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求