始まりました!

2014年10月3日

40日ぶりくらいの新築着工。
天気も良く、少し暑いくらいでした。

朝、お客様のお父様が静岡から見えて、ご自分でお祓いし、
今後の予定・道路と宅地の高さの関係等をお話しして帰られました。
その後、基礎工事の吉田さんと作業に取り掛かりました。
『やり方』という作業ですが、建物の基礎となる位置を出す仕事です。

まず、敷地境界の確認。道路及び隣地との高低差を確認して
四角の建物であれば4点をまず出します。
それから60㎝程外側に木杭を打ち込み、水平な貫という材料を
レベルというレーザー器具で水平を木杭に出しビス止めをします。
その後、境界からのはなれを再確認して、一方向の基準線を出し、
トラッションという光学機械で直角を出し各基準点を決めます。
最後の墨出しをする前に対角線の距離を測り直角の確認。
今日も対角線の寸法は1㎜の誤差もなく安心!

基礎工事は来週台風が過ぎた頃から始めることにします。

夜の天気予報によると、台風18号が関東のど真ん中を北上するとのこと。
予報が外れることを願うのみです。

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求