予知

2014年9月29日


秋晴れが続いて現場作業は気持ちが良い時期です。

しかし、御嶽山の噴火で被害が出ていて
山頂付近には救助を待つ方がまだ居るようです
早く救助されることを祈るばかりです。

わたしも登山が好きでお休みを見つけては山登り行くのですが

昔、学校で活火山、休火山、死火山という3分類を教わりました。
浅間山、桜島は「活」。富士山は「休」。御嶽山は「死」火山でしたが
現在はこういう区分は廃止され、
過去1万年以内に噴火した山はすべて「活」火山と分類されるようです。

最近は、噴火や地震・・・いろんな自然災害が起きます
いつも起きてから取り立たされるのが、「予知」です
正確に予知することにより災害を最小限に抑えることができる時代はいつくるのでしょう

30年前、携帯電話がこんなにも進化し、わたし達の生活に普及することを想像できたでしょうか
「予知」の観点でも、一日でも早く察知できるような時代が待ち遠しいです。

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求