コンクリート打設

2014年9月8日

一日中曇りで気温は26~27℃。湿度は60%ほど。

今日は基礎の立ち上がり部分のコンクリートを打設します。
アンカーボルト、ホールダウン金物の位置を確認して、その後コンクリートの打設開始です。

anka-.JPG


コンクリートの打ち込みはポンプ車の人が高さを合わせながらポンプを操作してくれます。
下がったポンプの先を基礎屋さんが、立ち上がりの型枠の中に流していきます。

dasetu.JPG


そこから基礎屋さんの腕の見せ所です。
木ゴテを持ってならす人が一人、コンクリートに振動をかけるバイブレーターを持つ人が一人、
コンクリート中の空気を抜く人が一人。役割分担があります。

ある程度コンクリートが固まり始めたころに
レベラーを流し水平面を作ります。
最後に、ビニールシートを基礎の上にかぶせ、
散水し、シートが風で飛ばないように押さえて打設完了です。

si-to.JPG

kanryo.JPG


今夜の台風が少し気になりますが、
明日は良い天気になりそうなので、養生ビヨリになると思います。

お疲れ様でした。

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求