耐震住宅100%決起集会において

2014年9月22日

今日は午後から「耐震住宅100%決起集会」があり
JR池袋にある自由学園明日館へ出かけました。

阪神淡路大震災における死者の9割は住宅が原因でした。
旧耐震住宅の倒壊により、本来守るべき自宅が凶器となってしまったのです。
東日本大震災を経験した今日でも、日本の住宅の耐震化は進んでいません。
旧耐震基準の木造住宅はまだ1000万戸あり、そこに住んでいるのは
およそ2000万人。この旧耐震住宅を新たな耐震基準の住宅に変えれば
そのうち9割の命が救えます。
しかし、残念ながらこの事実はあまり知られてはいません。
政府は旧耐震住宅を減らす「国土強靭化政策」を進めていますが
まだまだその認知度、浸透度は低いのが現状です。

また、特別協力者の三浦雄一郎さんの講演もありました。
80歳でエベレスト登頂に成功し、85歳になったらチョー・オユーという
8000m峰登頂を目指してる話を聞きました。
強靭な肉体、精神力を持ち続けている方だと驚き、
歩く足の軽快さにまた驚き、生きる目的を持ち続けている
「英雄」という思いで帰ってきました。


2014.09.23.png

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求