2020年に向けて

2015年8月1日


猛烈な暑さの連続です
現場の職人さんも少し疲れ気味に見えますが
畑の雑草は夏バテどころか一層元気です

さて省エネルギー化推進は現在、住宅分野の政策的な課題で
大きな役割を占めていて、そのため国では経済産業省、国土交通省が
住宅のゼロエネルギー化を推進する取り組みを強化しています

経産省では2020年までにハウスメーカー、工務店などが建てる新築住宅の半分以上は
ゼロエネルギー住宅、若しくはゼロエネルギー住宅に準ずる性能を持つ住宅に
するためのロードマップを策定。

一方、国土交通省は中小工務店向けの支援という方向性を強めていく方針。
2020年までに省エネルギー基準への適合義務化が予定されていますが
いまだに省エネルギー基準がままならない事業者も一部にいます

こうした事業者をグループの中に入れることで
単独では難しい技術の習得を地域の仲間が
協業してサポートする支援事業 「地域型住宅グリーン化事業」が
今年度から始まり、地域型の高度な住宅を建設技術を
地域内の住宅関連事業者グループで進めるという内容の事業です

いずれにしろ、ゼロエネルギー住宅は
国や地方などを問わず大きな流れになっていくと思います
2020年に向け施策的にも大きな風が吹く分野なので目が離せないし
しっかり対応出来る体制作りが大切だと思います


ページの先頭へ

お問合せ・資料請求