長期不在時の備え

2017年7月22日


雷雨と共に梅雨明けしたと思ったら連日の猛暑です
今年の夏の乗り切りは例年より少しきつそうです
無理をしないで水分補給を忘れずに、暴飲暴食に気をつけたいと思っています

ところで、今年の夏休みはどこに出掛けようか・・・
家族旅行の計画を建てているご家庭も多いのではないでしょうか
旅行の計画と一緒に長期不在時の心得をピックアップしてみました

旅行先で「鍵はちゃんと掛けたかな」と不安になった経験はありませんか?
出掛ける直前に確認すると漏れが発生する確率がアップ!
チェック事項をあらかじめ書き出しておきましょう

窓の施錠
リビング2箇所、子供部屋2箇所、台所2箇所、寝室2箇所、トイレ、お風呂、廊下など
具体的に書き出しておくと便利です

ガスの元栓、主電源のチェック
冷暖房の電源OFFチェック、必要最低限の家電を除き
外出時には外す癖を!

部屋の電気が灯っているのは防犯上有効で、タイマーを活用!

コンセントを外しておくと節電になるだけでなく
「不在時の火災リスク低減」や 
最近増加している 「雷になる電子機器の故障防止」にも有効です

それから、外から見て
「あの家しばらく不在だな」と分かってしまうことは
当然、防犯上良いことではありません
ちょっとした手続きで防犯リスクは低減出来ます
郵便局へ不在届を出す。新聞は出発前日から止める。宅配便の再配達はメールで。

郵便局の不在届の手順として
郵便局へ行き。書類に必要事項を記入し、不在届に郵便物を保留する期間を記入。
窓口で本人確認できる証明書(運転免許証、保険証など)を提示し
不在届を提出する旨を伝える
保管期間は最長30日間です。配達は期限の翌日に全て配達されます。

とにかく、安心して外出したいですね!

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求