火災に気をつけよう

2017年1月29日


早いもので1月も残すところ、あと2日です
初詣に始まり・・・
我が家では娘の成人式がありました

仕事の方はお客様との打ち合わせから設計へ、そして年始回り
現場の方は正月から天気が続き予定通り完成しました

現場では見学会からお客様へのお引き渡しと引越し
設備の取り扱い説明をメーカーさんと一緒に行いました
万事滞りなく終了!そんな1カ月で「あっ」という間でした


ところで、昨年11月に、東京明治神宮外苑で開かれたイベントで
展示品を照らしていた大型投光器の白熱電球が
作品に敷き詰めていた「かんなくず」を燃やし、火災が発生した事故がありました

照明器具による火災は住宅でも起こっています
なかでも注意が必要なのはダウンライトの火災です

東京消防庁によれば、住宅などの押し入れに設置されているダウンライトによる
火災が多く、照明の熱によって直下に置かれた布団や衣類からの出火事例も多く
火災に至った理由は「可燃物が接触する」が半数で
電球の締め付け不足による金属の接触部が過熱する
紙や衣類に過度に近づき、電球の熱を長時間受けて発火するが続きます

白熱電球100Wのダウンライトで実験すると
点灯後10分で発煙し、1時間後には発火するということです

それではLEDはどうかというと
LED照明は熱を発しないという誤解が一部にありますが
白熱電球と同様に可燃物の近くに照明器具を配置しないことや
10年を目安に交換することが望ましいということです

冬は特に火災の発生には気を付けたいですね
(一部、日経ホームビルダーより)

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求