健康な暮らし

2016年12月4日


天気も良く、暖かい日差しの中
昼食を買いに家の近くの 川の駅 というバザー会場へ行きました
赤飯・お弁当・餅等を販売していて、つきたての餅と赤飯で昼食にしました
しみじみと年の瀬を感じました

ところで
住まい手が健康な暮らしを送るためには
住宅環境性能の改善だけでなく
良好な地域コミュニティ環境を備えることも大切な事だと言えます
日本建築学会による、地域環境評価ツールを使用したコミュニティ評価の結果と
住民の健康状態の関係性を検証したところ、コミュニティ評価結果が
風邪のひきやすさ、関節の痛みなどを抱える人の割合
公共施設や道端で転倒する危険性などと関連していることが明らかになり
住宅環境評価ツール(健康チェックリスト)と
地域環境の状態を評価する(健康コミュニティチェックリスト)の
両スコアが高くなるほど「一年で症状が現れなかった人の割合」が増加することも
わかったそうです。
住宅性能の改善だけでなく、屋外環境や社会ネットワークを評価する
「健康コミュニティチェックリスト」を併用して
地域コミュニティの状態を把握して、環境を改善していくことも
住む人の健康増進つながるといえそうです。

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求