伝統的な土塗壁

2015年9月16日


道行く人の服装をみると、秋の深まりを感じます

さて、先日の続きですが・・・
土壁造りの外側に断熱材を施工し、南面の窓の高断熱化を図り
通風に配慮した窓計画をし、夏と冬の日射バランスを考えた庇のデザインを考えれば
土塗壁という大きな熱容量は全館連続暖房の場合
または、夜間の室温の確保に貢献し更には室温上昇を抑える効果があります

これらは、窓面積が小さく、庇がなく、大きな熱容量を持たない現代の木造住宅では
簡単に実現することは出来ませんが
優れた室内環境と省エネルギー性を有する住宅にもなります

伝統にも進化は必要ですし、その進化は新たな住まいをつくる可能性も秘めていると思います
それが伝統的木造住宅の魅力でもあります

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求