これからの住空間

2015年8月8日

一昨日、昨日で西穂高岳登山に行ってきました。
天候は快晴で、昨日の早朝から麓の山荘を出て登りはじめ
朝8時半頃、私と息子・娘2人の合計4人で登頂することができました。

さて、「団塊の世代」が70歳を迎える2020年頃には、4人に1人が65歳以上となり
支援や介護のための労働力や財源の確保が大きな問題として立ちはだかります。
解決のためには、平均寿命ではなく健康寿命を延ばし人の手を借りることなく
健康で長生きすることが重要です。

健康寿命を延ばすために重要なことの一つが、住宅の室内環境です。

日本の住宅は吉田兼好による
「家のつくりは夏をむねとすべし 冬はいかなるとことにも住まわる」
にならい、寒い冬は暖を取れば何とかしのげますが、夏は風が部屋を通り抜けるような
構造でなければならないとされてきました。
確かに日本特有の高温多湿の気候の下 「夏をむねとすべし」 は一部合理的な考えですが
文化が進歩した現代においては、四季を通じ快適な住空間が必要だと思います。


記念の一枚です
CIMG4225.JPG

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求