涼を楽しむ暮らし

2015年8月17日

今日は朝から本降りの雨でした。
さっそく現場へ行き状況を確認します。
早朝に大工さんがシートがかかっていない部分を貼ってくれていたので
雨に吹き込まれなくて済みました。

今年の梅雨明けからの猛暑と日差しは例年以上に厳しさを感じました。

夏休みは庭木の手入れや除草に追われ、木々は思うさま枝葉を茂らせ、夏吹きの草花は
強い日差しの下でも鮮やかな色の花を咲かせています。
そして雑草の勢いも旺盛です。蚊を気にしながら除草に励むことになります。
作業の合間には日陰で休んで冷たい飲み物のを飲み、一息入れることにします。

地球温暖化の影響か日本の気象も亜熱帯地方と変わらない厳しさになり、日差しも
ひときわ強く感じます。

庭にはどうしても日陰がほしくなります。
庭に日陰をつくる方法はさまざまです。
例えば、ガーデンを憩うための空間で、テラスやデッキの上にパーゴラをかけ
フジ・ブドウ・ツルバラなど落葉性のツツ植物を絡めても良いですし、毎年変化をつけるように
ゴーヤやヘチマ・ヒョウタンなどの一年性のウル植物を使っても良いと思います。
そして雑木を植えたナチュラルなガーデンでは、テラスやデッキの中に落葉樹をを植えて
天然の日陰をつくるのも自然でいいですね。
多少日差しの和らぐ時間に庭に出て打ち水をし、日陰でヒグラシの声を聞きながら過ごすのも
涼を楽しむ暮らし方ではないかと思っています。

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求