窓のガラス選びの重要です

2015年10月13日


ここのところ、気持ちの良い秋晴れが続いて現場作業時に外仕事は助かります
新築では土木工事、足場工事、屋根工事、木工事
リフォームでは塗装工事、外壁工事、屋根工事等ですが
天気ももう少し続いてもらいたいと思います

さて、地域によって住宅のエネルギー使用量の内訳や総量は異なりますが
約1/4が暖冷房によるものです
そのうち暖房用が大きな割合を占めていると言われています

住宅の中で窓は熱的弱点であり窓を小さくすることを考える設計者もいます
しかし窓は視覚的な開放感を与え、採光、眺望のメリットがあり大切にしたいところです
こんなことから窓は小さくすべきではなく
開口として十分に確保したうえで省エネ、健康といった面からも高断熱にした方が良いと思います

暖房と冷房と両方の熱負荷を低減するためにLow-E複層ガラスが最適です
Low-E複層ガラスとは断熱と日射の取得と遮蔽を兼ね備えたガラスです
その中にも日射熱の取得型と遮蔽型に二つのバリエーションがあります

使用される地域、気候変動、方位、住宅の用途や使い方
また、住まわれる方の断熱日射取得に関する考えなどさまざまな要件を考慮し
快適なガラスを選択することが重要なことだと思います

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求