2021年03月30日

土蔵造り

2021年3月28日

桜の花もあっという間に満開です。
この季節になると、現場へ行くにも桜並木がある道を選びます。
桜の花のトンネルを通るのが楽しみです。

少し驚いたのは、大山の麓の日向薬師の桜が3月24日頃には満開でした。
例年は平野部より1週間程度遅いのですが、今年は4・5日も早かったのです。
思いがけず、お花見になり得した気分になりました。


ところで、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている
埼玉県川越市の「蔵造りの街並み」は、人気の観光スポットとなっています。

その数多く残る土蔵造り町家の中で最も古く、唯一の江戸時代の建物とされているのが
大沢家住宅です。

1792年呉服太物商の近江屋半右衛門によって建てられたそうです。
それから約100年。1893年(明治26年)川越は大火に見舞われ
町の3分の1以上、1300戸余りの住宅が焼けてしまいました。

しかし、大沢家住宅は残り、川越の商人たちに、伝統的な耐火建築である
土蔵造りの価値を再認識させました。

商人たちは店の再建にあたり、日本橋や神田の蔵造りの商家を手本にし、蔵造りの建物を建てていき、最盛期には川越に蔵造りの建物が100軒以上あったと言われていますが
そのほとんどが、明治の大火以降に建てられたものです。

大沢家住宅は総二階建てで切妻造り平入り、桟瓦葺き。
間口六間、奥行き四間半という大きな店構えです。
腰回りに叩き土を築き、防水壁としています。

蔵造りの街並みの中では、窓の作り方や棟の意匠など外観は地味ですが
それは時代の違いが影響しているのでしょう。

壁の厚さ30㎝。その中は縦横に丸竹を使い、アケビのつるで結んでいます。
内壁の漆喰は耐震性を高めるためにアーチ状になっています。

1992年には3年以上の保存工事が完了し
大沢家住宅は、大火に耐えた誇りを感じさせるかのような威厳と美しさを取り戻しているようです。

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求