2020年12月18日

「みんなでおうち快適化チャレンジ」キャンペーン

2020年12月17日


本格的な寒さになってきました。
群馬県のみなかみ町では、2mを超す積雪で雪が降り続いているそうです。
昨日・今日の寒さで一気に身が引き締まりました!
今年も残り少なくなってきましたが、
早期にコロナの終息を願うばかりです。


ところで、環境省は11月26日、
本格的な冬を迎え、暖房使用等による家庭でのエネルギー消費が大きくなるタイミングを捉え
「みんなでおうち快適化チャレンジ」キャンペーンを開始しました。

同省は、菅義偉主相の所信表明演説における
「2050年カーボンニュートラル、脱炭素社会の実現を目指す」との宣言の実現に向けて
脱炭素型のライフスタイルへの転換が必要であるとしています。

また、今年4~6月における世帯当たりエネルギー消費量が、コロナ禍において
前年同期比3.2%増加となるなど増加傾向にあることから
「在宅生活」に焦点を当て、新たな日常の脱炭素化を進める必要性を訴えています。

同キャンペーンでは、関係省庁および関係業界等と連携して
家庭の省エネ対策としてインパクトの大きい断熱リフォーム、ZEH化と
省エネ家電への買い替えを呼びかけ、国民一人ひとりの行動変容を促すことで
脱炭素で快適・健康・お得な新しいライフスタイルを提案していきます。

具体的には、既存住宅における高断熱窓への交換や
外壁・天井の断熱改修といった断熱リフォーム、新築住宅のZEH化のほか
エアコンやLED照明、温水洗浄便座といった省エネ家電への買い替えによる
メリットを分かりやすく紹介するとともに、補助金情報などの関連情報を併せて紹介。

キャンペーンは来年3月31日まで実施されます。

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求