2020年09月25日

新しいまちづくり

2020年9月22日


お彼岸になると、吹く風も爽やかさを感じます。
明日、明後日は台風が来るようなので
朝のうちに現場の対応をしておきました。

食欲の秋。
果物・キノコ・新米と何をとっても美味しそうです。
しかし、今年はサンマが高値で手に入りづらいのが残念。


ところで、国土交通省は8月31日
「新型コロナ危機を契機とした まちづくりの方向性」をとりまとめ、公表しました。

同省では、新型コロナウィルス感染症に伴う危機を踏まえ、
今後の都市のあり方における変化や都市政策のあり方について検討する為
今年6~7月にかけて、都市再生や都市交通、公園緑地や都市防災のほか
医療、働き方など様々な分野の有識者など61人に対して個別にヒアリングを実施しました。

今回のとりまとめは、同ヒアリングにおける意見を踏まえ、論点整理が行われたものです。

同とりまとめでは、
新型コロナウィルスによる危機を契機とした変化について
テレワークの進展と生活重視への意識の変化を挙げています。

これらを背景に職住近接のニーズが高まり、働く場と居住の場の融合や
東京一極集中の是正が進みやすくなる可能性、
ゆとりあるオープンスペースへのニーズが高まることなどを示唆しています。

その上で、新型コロナウィルス感染拡大防止と経済社会活動の両立を図る
新しいまちづくりの必要性を示しました。

今後の都市政策については、人や機能等を集積させる都市そのものの重要性に変わりなく
国際競争力の強化やウォーカブルなまちづくり、コンパクトシティ、スマートシティの推進が
引き続き重要であるとしました。

そして、その推進に当たっては「三つの密」の回避など
新型コロナウィルスによる危機がもたらす「ニューノーマル」への対応の必要性を提示しています。

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求