2020年05月19日

身近にある危険

2020年5月16日


久し振りの雨で街並みはしっとりとして静かです。

新型コロナウィルスの影響でしょうか。
車も人通りもかなり少なく感じます。
早く神奈川県も制限解除になって
少しずつ山に行き羽根を伸ばしたい気分です。


ところで、国土交通省国土技術政策総合研究所は、
今年2月5日に発生した斜面崩壊の原因が凝灰岩の風化とする
調査結果を3月2日に発表しました。

「日当たりの悪い急斜面で放射冷却や強い季節風が風化を促進し、
崩壊に至った」と結論付けました。

斜面崩壊は逗子市池子2丁目の分譲マンション
「ラインオンズグローベル逗子の丘」の東斜面で発生。

前面の指導を通行中だった18歳の女性が崩壊した約68tの土砂に
巻き込まれて死亡。

道路面から高さ8.2mまで石積みの擁壁で補強されていて
擁壁の土はむき出しの土砂を植生が覆った状態でした。
厚さ20~30㎝の土層に覆われた凝灰岩は深さ1m程度まで
風化していたそうです。
風化で30㎝ほども裂開していた凝灰岩がその下の未風化の岩の上を
滑るように崩落したとみられます。

国総研は2月7日斜面に霜柱を確認。
夜間の放射冷却で地表温度は氷点下だったと推定。
こうした状況から、地表面の凍結や斜面に吹付ける強風が
風化を早めたと分析。
崩壊部分の残土を除去し、風化防止の被覆を施工する必要があると市に助言。

市は3月2日から滑り残った土を取り除き、崩壊斜面にモルタルを吹き付ける
応急復旧工事を開始。
「崩れなかった斜面についても、状況を見て対策が必要となれば検討する」
としています。


至るところにある危険。
身近にあることを忘れないようにしたいと思います。

ページの先頭へ

2020年05月07日

最近多発する地震に備えて

2020年5月6日


朝、家を出てから事務所までの間、人も車も極端に少ない。
こんな連休の最終日を迎えるのは誰にとっても初めてでしょう。

事務所に着くと、迎えてくれるのはツバメです。
今年は例年より1カ月程早く来て、巣造りが始まり子育ての準備と
忙しそうに飛び回っています。

ところで、東京海上日動火災保険は2020年8月から、地震地に一定以上の
震度が観測された際に定額の保険金を支払う住まい手向けの
新たな保険商品の販売を開始するそうです。

家屋などの損害の有無や程度を問わず、自然災害で観測された“指標”に
基づいて保険金を支払う「インデックス保険」の一種で、
国内の損害保険会社としては初めての商品となるそうです。

申込から保険金受け取りまで、一連の手続きがスマートフォンで完結します。

地震発生後、気象庁が公表する震度データに基づいて、支払い対象となる契約を
特定し、保険金の支払い手続きを実施。
家屋名での損害状況の確認が不要で、震度に応じて保険金を支払う点がポイント。
保険金加入者は地震発生から最短3日で保険金を受け取ることが可能だといいます。

同保険のプランは「プレミアム」「スタンダード」「エコノミー」の3種類。

例えば、プレミアムは保険料9,600円で保険金額は震度6弱で10万円。6強で20万円。7で50万円。

スタンダードは保険料、保険金額ともにプレミアムの半分程度の金額に設定されています。

持ち家だけでなく、貸家住まいでも契約が可能で、契約対象者は20歳以上の個人。
一世帯の住まい手複数が個別に加入することもできるそうです。


それにしても、早く去っていっていただきたいコロナ!

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求