2020年01月20日

気温・湿度の上昇によるカビの増加

2020年1月19日

朝、雨戸を開けると目に入る大磯の高麗山から箱根・丹沢の山々、
そして中央に富士山の雪景色。
いつ見ても、朝日のあたる姿は感動します。
何か良い事がありそうな1日の始まりでした。


ところで、夏季の結露とカビの被害が最近急増しているようです。

増加の一因と考えられるのは、平均気温や湿度が上昇傾向にあること。
こうした傾向が今後も続けば、被害はさらに増えると予想されます。

19年夏にカビ調査で出向いた築10年の木造住宅では、
間仕切り壁のクロスに黒いカビが発生したということです。

壁を開けて内側を覗くと、石膏ボードの裏側にある柱や間柱などにも
大量のカビが付着していて、カビは2階壁の上部に集中しており
原因は小屋裏にあるだろうと判断。

小屋裏換気部分に不良があると疑い確認してみたところ
軒先にある換気口が遮熱シートで塞がれていたそうです。

このカビが発生したメカニズムは、
まず、小屋裏に充満した水蒸気が間仕切り壁内へ移動。
壁面の石膏ボードが吸湿し、夏季にエアコンを入れる事で結露が発生したと考えられ
結果、結露水によりクロスにカビが発生したものでした。

カビが発生した原因は分かったが、調査で疑問に感じたのは
新築当初からではなく、なぜ築10年経って初めてカビが発生したのかという点で
住人の家族の住まい方に大きな変化は無いということです。

一因として考えられるのは、夏季の温度や湿度の上昇です。

例えば、東京の温度は、気象庁のデータを見ると
ここ10年ほど上昇傾向にあり、温度が上昇するとエアコンを入れる頻度が高まります。

水蒸気量も多くなっているので
結露が発生する頻度や、その発生量が増えたと推測できるようです。

今後、このような事例は多く出てくると思われます。

対応方法を身につけておく事が大切です。

ページの先頭へ

2020年01月14日

台風による風災の原因は・・・

2020年1月13日

正月明けて6日からあれこれと動いています。
毎年恒例のどんど焼きが昨日行われて、心身共に正月気分が抜けました。
何といっても今年は東京オリンピック!
運良く当選したので、私も8月5日新国立競技場へ行けそうです。
各選手の活躍を身近で見れるのが楽しみです。


ところで、2018年の台風21号と昨年の15号・18号が甚大な風災をもたらしたのは何故か。
台風に詳しい防衛大学の小林文明教授に聞いた話です。

2つの台風が猛烈な風と甚大な被害をもたらしたのは、強い勢力で上陸したからで、
上陸時の中心気圧は台風21号が950hPa(ヘクトパスカル)、15号が960hPaと危険なレベルでした。

これらの台風で観測した50m/sを超える最大瞬間風速は、竜巻のF2スケールに相当し
巨大な竜巻が広範囲を通り過ぎたのと同じです。
風速が危険領域に入ったので、建物や工作物の被害が一気に拡大したということです。

温暖化によって気候が変わっているのは事実です。

90年代の前半までは気候が安定していましたが、90年代中盤から不安定になってきました。
台風でいうと、日本付近で1年中発生し、東北地方を立て続けに通過するなど
昔の教科書には書かれていない現象が見られるようになりました。

温暖化による海面温度の上昇や水蒸気の増加は、
台風や竜巻を発生させる積乱雲が生じやすい環境につながります。

将来の予想は難しいですが、これまで起きた災害が再び発生するのは間違いなく
温暖化によって、それがもっと増えるかもしれないと心構えしておいた方が良いそうです。

台風に関して諸説ありますが、
いつ何が起きても大丈夫なように備えておくのがベストですね。

ページの先頭へ

2020年01月07日

風災対策を考える

2020年1月5日

新年 明けましておめでとうございます。

朝、雨戸を開けると うっすらと、、初雪かな・・・
新春らしい光景で、何か良い事の予感がしました。

昨日は、近くの山へ登ろうと麓まで行きましたが
昨年の台風19号で途中通行止めになっていたので、やむなく他の山へ登りに行きました。
冬の山は木の葉が無く、遠くまで眺めることができ、低山でも満足できるものがありました。


今年も昨年と同様、風災対策を考えなければと思っております。

風災から窓ガラスを守るには、飛来物の衝突だけでなく、風圧にも耐えなければなりません。
想定以上の風圧を受けると、シャッターのスラットがガイドレールから外れかねないからです。

日本シャッター協会は窓シャッターが耐えるべき風圧の基準を
サッシの規格値の半分と想定し、等級表示はその考え方に沿ってサッシに連動させているということです。

シャッターメーカー各社は最も上の等級である最高圧力1200㎩の耐風圧仕様の製品を既に販売済みです。
ただ、3階部分の開口部に相当する高さ6.9mで受ける風圧力を
2000年の建設省告示で試算すると
地表面粗度区分Ⅱでは、1200㎩を大きく上回る負圧を受けるようです。
地域によっては、より安全側の性能を見込む必要があるといえます。

YKK、LIXIL、三和、文化のシャッターメーカー各社は
耐風仕様の性能値を具体的に表記する方針だそうです。

このように、今後、建物の窓回り等は
省エネ性と共に耐風圧性に関しても注目されていくと思います。

備えあれば憂いなしです。
早めの対応を考えたいものです。

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求