2019年12月23日

火災保険

2019年12月21日

12月に入り、比較的暖かい日が続いて、大掃除するには助かります。
油断していて急に寒くなった時は、建物の中で冷たい風に当たらないように片付けをし、
日が照って暖かくなったら建物の外をやろうと思っています。
毎年の事ながら大掃除をしないと一年が終わった気がしません。


ところで、今年は昨年に続き台風被害が多かった年でした。
風災被害の修繕費用は火災保険を利用できます。

保険会社の話によると、
まず火災保険に加入しているかを確認し、保険に加入していれば
保険対象の構造物が風災によって物理的な損害を受けたことを証明できれば
保証の対象となります。

ただし、保険金で実損額全てを賄えるとは限らず、
契約時に定める免責額(0~10万円)、もしくは古い商品でよく見られた「補償対象となる損害の最低額」が実損額から差し引かれるからで
「補償対象となる損害の最低額」が20万円の場合、実損額が20万円を下回ると保険金はゼロになるそうです。
損害が生じていても保険金の支払を受けられない事例で、
こうしたケースは少なくないという事です。

修繕費用の見積り額が免責額もしくは「補償対象となる損害の最低額」を上回らないと
保険金が支払われる見込みはないそうです。

また、保険会社は一般に「修繕」は「損害を受けた箇所を被災前の状態に戻す」と定義し
「損害額」は「原状回復に必要な費用」とみなすそうです。

それ以外の工事は修繕とは認めないこともあるということです。

今後も災害が発生するかもしれませんが、災害がこれだけ身近になってきた近年
常に災害に対して適応できるようにしていきたいと思います。

それでは、良いお年をお迎えください!

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求