2019年10月21日

雨戸を閉めていてもガラスが割れた?!

2019年10月20日

台風19号が去って1週間。
東日本の広い地域で「100年に1度」と言われる大雨をもたらし、
河川の氾濫や大規模な浸水被害が相次ぎました。

今後も地球温暖化が進み、降水量が増える可能性は高くなり
被害の発生する可能性が増えるのは間違いなさそうです。

「コンクリートから人へ」は、言葉は耳にやさしいのですが、難しい問題がありました。
インフラ整備が人を守るということを忘れてはいけないですね。


ところで、先月の台風15号が暴いた住宅の弱点として
雨戸を閉めていた戸建住宅でも、サッシのガラスが風圧で割れる被害が発生したそうです。

サッシの内容は不明ですが、
サッシ協会が戸建住宅に求める協会基準を満たしているとすると
800~1600㎩の耐風圧強度のサッシが使われていた可能性があり、
サッシ協会の技術部長は、「雨戸には風圧を軽減する効果は見込めないので、
サッシで風圧に耐える必要がある」ということです。

サッシ協会基準のサッシのガラスが風圧で割れる被害は、
これまで顕在化していなかったのですが、
昨年の台風21号と今年の15号・19号では、複数発生した模様です。

サッシメーカーが住宅用で2400㎩の製品を最近追加していることもあり、
サッシ協会でも基準の見直しを検討している。という事です。

建築研究所の構造グループ長は、
「建築基準法は最低基準なので、
海辺に住宅を建てる場合は周辺状況などを配慮し、風圧力を割り増して計画する必要がある」
と助言しています。
確かに私もそう実感します。

ページの先頭へ

2019年10月15日

雨漏りトラブル

2019年10月13日

台風19号が過ぎ去り、多くの被害が報告されています。
9月の台風15号や今回の台風19号の被害に、早期対策が講じられることを願うばかりです。


台風では、雨漏り等のトラブルがよく発生します。
住宅業者にとって、常に重要視される関心事です。

一方で、完全に防ぐ事が難しく、住宅性能の向上や新たな工法の普及により
従来では起こらなかった新しいタイプの雨漏り・結露による被害も現れています。

軒の出や庇の少ない壁面。陸屋根や一体型バルコニーの存在など
防水施工への依存度の高い住宅は、旧来の開放的な住宅より
侵入雨水や内部結露など水分の滞留による木部劣化のリスクが高まっています。

現代の住宅において、適切な雨仕舞い・防水施工とはどの様なものか。

外壁や窓の高気密化や防水施工による透湿抵抗の増大が一般化している現代の住宅。
最新の知見に基づいた雨漏り・結露対策を検討していかないと!と思います。

特殊設計、デザイン住宅は、雨漏りの危険性が旧来の住宅より高いので
設計及び施行には十分気を付けなければと思っています。

住民の皆様の安全のために、できる限りのことをさせて頂きたい思っております。

ページの先頭へ

2019年10月07日

住まいの蓄電池

2019年10月6日

今日は秋の涼風が気持ち良かったですね!
事務所にいても、現場調査で屋根に上がっても、通路の草取りをしていても
一日中快適でした。
この季節になると紅葉が気になります。
天気予報を見ながら日帰りで上高地から涸沢あたりに出かけたい気分です
山の景色は天気さえ良ければ絶景!その確率は1/3です。


ところで、住まいに蓄電池を設置する場合、
住宅用分電盤への接続方法により「特定負荷型」と「全負荷型」の2タイプがあります。

「特定負荷型」は、
住宅用分電盤を経て特定負荷型分電盤につなぎ、
ここから照明や冷蔵庫、特定のコンセントなどあらかじめ設定した箇所にのみ
蓄電池からの電気を流すというものです。
災害時における電気の確保が必要最低限となる一方で、設置コストを抑える事ができます。

一方、「全負荷型」は、
太陽光発電システムと蓄電池を連系用分電盤を介して住宅用分電盤につなぐことで
蓄電池からの電気が家全体に流れるようにするものです。
停電時には全てのコンセントが使えるため、蓄電量と出力が許す限り
通常通りの生活をすることが出来ます。
ただし、大容量・大出力といった比較的高性能な蓄電池が求められます。

一般的な住宅に使用されている蓄電池は「特定負荷型」だと思います。
一時的な停電の時は助かりますが、9月に千葉県を直撃した台風15号での停電のような
10日~20日間の期間への対応は難しいのではないかと思います。
今度詳しく確認したいと思います。

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求