2018年07月30日

透湿防水シートと雨水

2018年7月29日

昨日は台風の進路が少しズレたのか、
思ったより風雨が強くなくて助かりました。

台風の時の準備として、足場のシート、資材の片付、看板の取り外し等
気を付けなければならないことが有ります。
そして、過ぎ去った後の整理も一仕事です。

今年はまだ7月、あと何度台風が来るのか気になるところです。


ところで、建築中の住宅で、
透湿防水シートを留め付ける胴縁の釘やタッカーの穴から
雨水が侵入することは、それほど珍しい事象ではありません。

透湿防水シートを留め付ける際に使用する釘やタッカーは
シートを貫通するので物理的に穴が開きます。
穴のサイズはかなり小さく、水の侵入経路としてどの程度配慮すべきか悩ましい。

胴縁を留め付ける釘穴から、どの程度水が室内に侵入するのか?

この疑問を、透湿防水シートメーカーの旭デュポンに問い合わせたところ
簡易な形式で実験を行ったそうです。

実験の結果、合板に水が浸入した形跡はなかったと担当者は説明。

何故水が浸入しなかったのか?

雨水などが透湿防水シートを超えて室内側に侵入するためには
いくつかの条件が必要になるからだと説明。

壁に水が付着した場合、
小さな穴に入るより重力で下へ流れ落ちる量が多く
湿気となって通気層に侵入したとしても、上部から排出されれば
釘穴からは侵入しない。

仮に水分が滞留する状態になっていたとしても
室内側に引き込む力が発生しなければ、小さな穴からは侵入できないというわけです。

建築中の場合も同様。
透湿防水シートに雨が掛かったとしても、
水が浸入する条件が整わない限り
悪影響を及ぼすほどのトラブルには至らないと考えられているということです。

ページの先頭へ

2018年07月24日

片流れ屋根・省令準耐火構造住宅の増加

2018年7月21日

猛暑の中、現場で汗を流し日陰に入った時のひんやり感は
何か生き返った気分にさせてくれます。

現場での作業の手順の中で、一番最初の遣り方の時は
炎天下で、熱中症になることもあります。

現場作業に携わっている方々の大変さを味わってみると
感謝しかありません。


ところで
片流れ屋根や省令準耐火構造の住宅が増えている事が
住宅金融支援機構による調査で分かりました。

全国の木造軸組み工法による新築一戸建て住宅のうち
2017年4月1日以降にフラット35の設計審査に合格したものを対象としたものです。

5年ごとの調査で、前回は12年度、前々回は07年度に実施しています。
屋根形状に関する調査では、片流れ屋根を導入した住宅が
初めて3割を突破しました。

前々回の12.9%から前回の19.2%、そして今回の30.5%と、着実に伸びています。

その理由について機構は
「普及が進む太陽光発電を設置しやすい屋根形状であること」
などを挙げています。

耐火構造については、省令準耐火の基準に適合した住宅が27.3%を占め
前回の18.0%から9.3%増えたそうです。

2007年はわずか2.4%だったのが
2009年に木造軸組み工法で省令準耐火の設計が可能になり
採用が広がったことが原因という事です。

省令準耐火構造にしておくと、建物の火災保険の金額が半額になります!

ページの先頭へ

2018年07月17日

シックハウス対策

2018年7月16日

連日の猛暑にはまいります・・・。
昨日も午後から家の回りの草取り・畑の草刈りで、汗だくになりました。
さすがに夕方6時頃になると疲れが出てきて
途中で投げ出したくなります。
でも、風呂上りに飲んだビールで、一気に疲れが吹き飛びました。

ところで、
厚生労働省は、居住者の健康への影響が懸念される化学物質の
室内濃度指針値を改定するそうです。

同省は、2002年までに13種の化学物質の指針値を制定しました。

このうち、キシレンなどの4種の化学物質の指針値を厳格化するという事です。

さらに、テキサノールなどの3種の化学物質を新たな対象に加えるそうです。

施行時期は未定であるものの、17年7月にパブリックコメントを終えています。

改定の背景には、指針値を持つ化学物質の代替えとして使われる物質や
SVOC(準揮発性有機化合物)による健康被害への懸念などがあり
実際、水性塗料から放散したテキサノールによって健康被害が発生した事案が
報告されています。

シックハウス問題に詳しい早稲田大学の田辺教授によれば
住宅内に存在する化学物質の種類は非常に多く
測定すれば200~300種類を確認できるそうです。

代替物質など未知の化学物質は次々と現れるそうで
建材だけでなく、家具や様々な通販製品によるトラブルも多く
シックハウス対策もまだまだ解決しているとは言えないようです。

ページの先頭へ

2018年07月11日

台風と地球温暖化

2018年7月10日

大阪府北部地震の直後の西日本を襲った豪雨被害
地震・豪雨そして梅雨明けての猛暑と、
多大な被害を受けた西日本の地域の方々に
お見舞い申し上げます。

ところで
台風はこれまでフィリピン近海での発生が通例でしたが
最近ではこれより北に位置する日本列島に近い海域においても
発生するケースが出てきているようです。

その原因は、地球温暖化により日本近海の海面水温が
以前より高くなっているからだそうです。

同時に、これまではフィリピン近海発生の台風も、日本に近づくと勢力が衰えていたのが
最近では、日本に接近しても高い海水温によってエネルギーが供給されるため、
勢力を維持したまま、さらに接近し、上陸することも増えているようです。

日本近海の海面水温が高くなってきているのは
とりもなおさず地球温暖化によるためで、
日本近海での台風の発生はもとより、年々台風の勢力が強まっていることも
地球温暖化の影響といってもいいかもしれません。

ページの先頭へ

2018年07月04日

住宅の断熱化と居住者の健康

2018年7月1日

今年の梅雨明けは平年より3週間ほど早かったようですね。
連日の猛暑には、まいってしまいます。
海に山に出かける予定の方が多いと思いますが事故には十分注意したいものです。
私も今年の夏山はどこに登るか、まだ決めてはいませんが
近い所で、山梨の金峰山あたりを考えています。

ところで「スマートウェルネス住宅」とは、
「人々の健康(ウェルネス)に配慮した住宅」を意味するウェルネス住宅に
省エネへの配慮(スマート)を加えた住宅のことです。

省エネへの配慮については、「HEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)」
などの導入により、電力やガスの使用量がモニター画面で「見える化」され、
住まいの省エネ貢献度や経済性の把握が容易になりました。

「スマートウェルネス住宅」においても、居住者が理解しやすいよう
住まいと健康の関連性を数値などで「見える化」することが重要だと考えられています。

一般社団法人 日本サステナブル建築協会によって行われたのが
住宅の断熱化と居住者の健康への影響に関する全国調査の結果
「得られつつある知見」として、報告されたのが以下の6点です。

①起床時の室温の低下による血圧上昇への影響は高齢者ほど大きい
②室温の低い家に住む人ほど、起床時の血圧が高血圧となる確率が高い
③室温の低い家に住む人ほど、動脈硬化指数と心電図異常所見が有意に多い
④断熱改修後に起床時の血圧が有意に低下
⑤就寝前の室温が低いほど、夜間頻尿リスクが有意に高い
⑥断熱改修後に夜間頻尿回数が有意に減少した

有効サンプルを分析して得られた推計モデルによると、
平均的な男性の場合、冬季における起床時の居間室温が20℃から10℃に下がると
血圧が高くなりやすく、高齢になるにつれて上昇巾が大きい事が分かったという事です。

難しい話はさておき、
理解しておきたいのが
「住まいの断熱性の改善によって、居住者の健康が向上する」ことが、
科学的根拠から明らかになりつつあるということです。

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求