2016年09月01日

台風の爪痕

2016年8月28日


台風10号が接近していて30日頃に上陸予定だそうです
大災害が発生しなければと思っています

台風というと、仕事柄・・・屋根、雨とい、カーポート、雨漏れ等の修理の連絡があります
先日の台風では築50年近い家の屋根の頂上の鉄板が吹き飛ばされ
大至急修理をして欲しいとの連絡や
今まで雨漏りがなかったのに外壁の塗装をして間もないのに
室内に雨が入ってきたので見て欲しい.........の2件でした

前者のお客様は昨年、屋根の塗装と雨どいの交換リフォームをしたお客様で
おばあちゃん1人住まいの家です
行ってみると屋根頂上の鉄板が近くにあり再利用出来る状態です
さっそく翌日、屋根屋さんに同行してもらい下地の木が腐っているのを交換し
鉄板を再取り付けして、台風が来ても大丈夫なようにしておき
台風が過ぎ去ったら塗装をする予定にしておきました

後者の方は安い塗装屋さんでお願いして塗装をしたばかりなのにっというお話で現場へ行ってみると
1階の出窓の部分の室内に雨が漏ったあとがありました
雨漏りの原因として様々な事が考えられましたが
絶対にこの部分から漏れていると断定することは出来ませんでした
後日、職人と2人で修理にお伺いするということで帰ってきました

雨漏れというと一番困るのは見積もりをしてくださいっという事です
原因が分かれば簡単なのですが、原因が分からない見積もりは・・・実際無理なので、概算になります

幸いにも、今回の台風での雨漏れは自社施工の物件では連絡がありませんでした
しかし、今度の台風10号ではどうなるか油断はできません

ページの先頭へ

エアコン洗浄

2016年8月23日


台風9号も去り静かな一日になりました
現場の方も外部が塞がれていたので、雨による被害の心配はなかったのですが
資材が吹き飛ばされているか心配だったので、朝一で現場へ確認に行きました
無事、何事もなかったように大工さん、屋根屋さんが作業に取り組んでいて一安心でした

ところで、まだまだエアコンに活躍してもらわないといけない時期です
市販グッズに手軽にお掃除できる「エアコンクリーナー」があります
しかしプロの目からすると、あまりお勧めできません

なぜなら洗浄剤選びと洗浄作業を正しく行わないと機械部分にかかって作動しなくなったり
表面的な汚れしか落とせず内部の汚れが残る可能性があるからです

そして、流しきれなかった洗剤の成分やホコリは故障や臭いの原因につながる場合もあります
エアコンの内部までしっかりとお掃除するには、分解クリーニングが有効です
信頼できる技術をもったプロのクリーニングで内部の汚れを落とし
綺麗な空気で過ごしたいものです

ページの先頭へ

台風に備える

2016年8月21日


今年は台風の当たり年になって明日も再び台風が関東地方を直撃しそうな様子です
これから10月まで、台風に注意したいものです

台風の襲来は予測できるので、万一に備えて充分な対策を講じて被害を最小限にしたいものです

1)台風が近づいたら
雨戸やシャッターを閉めます
TVアンテナ等を補強し、庭木のなかで折れそうな枝は切っておきます
植木鉢や子供のおもちゃなど、風で飛ばされるような物は片付けておきます
屋外のコンセントは雨水が入らないように点検します
台風情報に注意します

2)台風の襲来時には
強風の時には不用意にドアを開けないようにします
窓ガラスが割れたら厚めの合板を窓枠にビス止めをして固定する
タオルや雑巾を用意して雨漏りなどに備えます

3)台風が去ったら
風通しを良くして濡れた箇所やものを早めに乾かします
屋根、外壁などの損傷を点検します
床下に浸水した場合は消毒が必要です

以上のような事が挙げられます
私も今日は早く帰って家の回りを点検します

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求