2016年07月08日

雨水の処理

2016年7月6日


今年もツバメが巣だって今日飛び立っていきました
来年もまた、帰ってくるまで待ち遠しい感じです

ところで、梅雨も、いつ明けるかまだ分かりませんが
雨水の侵入を未然に止めるというよりは
入り込んできた水を処理する方法があります

雨漏れをしている孔を塞ぐのでは無く
雨水の動きを知って処理する雨仕舞の手伝いとして位置付けられます(導水と水抜き)

例えば雨水を誘導する部材といえば雨樋です

しかし、まだまだ導水技法にはメンテナンスが悪くて
導水経路の途中で水処理が出来なくなると
今度は一部の場所に常に水が集まるという面もあり
難しいところもあるようで、これからの課題になるようです

今年の夏は水不足が心配されるほど降水量がすくないようですが
来年はどうなることやら・・・

雨水のことでお困りのことがありましたら、ご相談ください

ページの先頭へ

2016年07月04日

名古屋市の天守閣復元

2016年7月3日


お客様との打ち合わせを終えて事務所に帰ったら温度計が35.5度になっていました
急に暑くなってきたようで、健康に気をつけて暑さを乗り切りたいものです

ところで住宅雑誌を見ていると名古屋市は名古屋城の天守閣を木造で復元する計画を
2020年までの完成を目標に進めているそうです
業者は竹中工務店に特定し、市議会や市民への内容説明を進めてきたということです

竹中工務店の提案は史実への忠実さや実現可能性などが高く評価されていて
なかでもユニークなのが建設現場を間近で見学できる仮設の施設を設ける点です
工事では足場と養生を兼ねて大天守を覆う「素屋根」を設置するということです

この素屋根と一体化した5階建ての見学施設を設けて
伝統技術による職人技や大規模な木造の骨組みを見られるようにして
工事現場そのものを観光資源化するのが狙いだそうです
是非見てみたいものです(日経アーキテクチュアより)

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求