2016年04月08日

パッシブデザイン

2016年4月7日


朝から雨で事務所からあまり出ないで現場の段取りをしたり
打ち合わせをしていました
2ヶ月前にナラの原木にキノコの種を植菌したのをシートを取り外してみたところ
小さいキノコ(エノキダケ)が発生しているのを見つけました
どのくらい大きくなるのか楽しみです
事務所へ来られたらお見せします
普段は見られないので面白いですよ!

ところで、省エネ住宅を実現するためには「パッシブデザインの実現」
「自然エネルギー利用設備の活用」「効率のよい設備や家電の選択」の3つの柱があります
そして、その中でも「パッシブデザインの実現」がエコ住宅のベースになります

パッシブデザインとは最大限に太陽や風の力を利用し
また、それを調節することによって私達の暮らしに必要な「明るさ」「暖かさ」「涼しさ」
「新鮮な空気」を獲得する設計のことです
こうした住宅の設計が実現出来れば自然を感じる心地よい暮らしが生まれ
同等にエネルギー消費量を大きく減らすことが可能になります

今年度も省エネ、耐震、二世帯住宅に対して補助事業がもり込まれています
関心のある方は是非弊社までお問い合わせください
喜んで説明させていただきます
046-238-2637

ページの先頭へ

2016年04月07日

住まいのホコリ掃除

2016年4月6日


朝1年に一度の健康診断に行ってきました
毎年思うのは受け付けをしてから終了までの時間が
年々早くなっているように感じます
今日は受け付けを済ませてから出るまで1時間程でした
10年程前までは8時に受け付けをして11時頃終了して
お弁当を食べて12時頃だったように思います

病院の効率は飛躍的によくなっています
検査結果を見るのが1カ月後程ですが何も異常がないようにと・・・気になるところです
日常生活、食生活に気を付けてはいますが、健康は大切にしていきたいものです

ところで、花粉症や喘息を引き起こす汚染物質を吸入性アレルゲンと呼びます
この吸入性アレルゲンを減らすことのできる家の中の「お掃除」は
住まいと家族の健康を守る大切な行為といえます
特に住まいの至る所に付着するホコリは汚染の範囲がとても広いうえ
空気中に舞い上がり浮遊する性質をもっているので呼吸はもちろん
飲食物などに付着することでも体内に取り込まれてしまいます

ホコリなど「空気の汚れ」のお掃除はプロの世界でも
「ホコリ掃除が終わると、ハウスクリーニング全体の半分は終わった」と言われるほど重要です
そんなホコリ汚れのお掃除はポイントを理解しておくことで
とても楽に行えお部屋を衛生的に保てます

ページの先頭へ

2016年04月04日

マイナス金利政策

2016年4月3日


早朝、東京の大井町まで出掛けました
平日だと1時間半以上は楽にかかるのに、今日は1時間ほどで現場に着き
クリーニングと共用部分のエントランスホール、エレベーター室廊下のクリーニング作業の
養生の撤去と運搬に行って来て、無事。クリーニング屋さんの作業も昼過ぎ頃で終了して帰ってきました

ところで、2%の物価上昇率目標達成に向け日本銀行が導入したマイナス金利という
異例の政策が施行されてから1カ月半ほどになります
マイナス金利とは、金融機関と日本銀行との間に適用されるもので
これより金融機関が日本銀行に預け入れした際、通常なら利息を受け取れるものが
逆に金利分を手数料として支払うことになります

マイナス金利の導入を受けて住宅ローンの金利に早速プラスの影響が出てきています
住宅支援機構の「フラット35」の借入金利が3月から2003年以降最低の1.25%
民間銀行も0.5%~0.6%程度です
ここ10年間で最も高かった2009年5月の3.32%と比較すると2.0ポイント以上も低くなっています

また、「フラット35」なら更に金利引き下げになり今後の金利の動きに目が離せない状況です

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求