2016年04月01日

快眠住宅

2016年3月31日


昨日今日の暖かさで近隣の桜も8分咲きになり土曜日日曜日が満開になりそうです
明日からは新年度の4月。気を引き締めていきたいと思います

ところで、住まいの快適性という点で、最近注目されているのが
質の良い睡眠を確保できる「快眠住宅」という考え方

質の良い睡眠の獲得ということになるとベッドや枕などの寝具に目がいきがちですが
快眠住宅は睡眠という観点から住環境そのものを見直そうというものです
そのポイントになるのは寝室の照明、温度や湿度です
ベッドに入るころから目覚めるまで一定の温度になるようにし
明け方に寒さで起きるといったことがないようにします

また、寝室や寝る前に過ごす居間を間接照明中心にし
明るくしすぎないほうがスムーズに眠りに入ることが出来るようです

とかく日本の照明は欧米などに比べて明るすぎると言われています
快眠のためにも見直してみたいものです

ページの先頭へ

電力の自由化

2016年3月29日


相鉄線のさがみ野駅の近くにある桜並木の桜も3分咲き程度でした
来週あたりが満開になるかもしれません

さて、「電力も自由化」が4月1日より始まります
これにより一般消費者や住宅はどんな影響を受けるのか少し調べてみました

自由化されるのは「一般家庭向け電力小売り市場」です
すでに企業、店舗、工場など大口向け小売りは自由化されてきました
4月1日から自由化されるのは「一般家庭向け」です
これまで、一般家計向け電気は東電や関電など電力10社による独占供給販売でした
しかし4月以降はここの家庭が購入先や料金メニューを選べるようになり
場合によってはエリア外の会社からも購入できるようになります

ただし、一般消費者保護の観点から2020年4月までは特別の手続きをしなければ
今と同じ電力会社、料金メニューで電力を買えるような措置になっています

総合商社や石油、ガス会社、通信会社、不動産会社等が
一般家庭への電気販売予定があるそうです

メリットとして電気代の抑制、多様なサービスメニューへの期待、電力消費意識の向上等です
メリットとして値上がる可能性、消費者の自律的な比較検討が発生等があります

今後はどうなっていくのか目が離せません

ページの先頭へ

シックハウス症候群

2016年3月28日


天気予報では朝から雨模様のはずでしたが
ほんのパラパラ程度で外の作業に影響がなく助かりました

ところで、最近忘れられがちなシックハウス症候群について書きます
シックハウス症候群とは建築物の建材や家具などから
発散するホルムアルデヒドやVOC(トルエンやキシレンなど)の科学物質によって
めまいや吐き気、目がチカチカするなどの症状に見舞われることです

2003年の改正建築基準法によってホルムアルデヒドを
発散する建材の面積制限や換気設備設置の義務付けなどが決められましたが
法律が施行されて10年以上になる今でも症状を訴える人が少なくありません

シックハウス症候群の原因が完全に解明されていないことや
アレルギー症状は人によってさまざまであることなどが解決を妨げているようです
また、国産の建材などの化学物質には注意していても海外から輸入した建材や家具がノーマークで
含まれている化学物質が影響しているというケースもあると専門家は指摘します

また、家具や床に塗るワックス、防虫剤や芳香剤、化粧品や香水などでも
発症する可能性があり注意が必要です
さらに、最近ではPM2.5や花粉なども健康に悪影響を与える物質として問題になっています

PM2.5や花粉などを建物内に入れないために24時間換気システムの外気取り入れ口は
集塵フィルターを設置するタイプが主流になりつつあります

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求