2016年02月19日

4年振りの風邪

2016年2月17日


インフルエンザが流行して大変だそうです
私も昨日インフルエンザの検査をしましたが、ただの風邪のようでした
4年振りに風邪をひいたせいか、頭は痛いし関節は痛いし体はだるく・・・まいってしまいます
薬を飲んでひたすら体力の回復するのをまつだけです

ところで、風邪のひきにくい家づくりのワンポイントとして
1階に親世帯、2階に子世帯が暮らす二世帯住宅で
玄関は共用の場合、両世帯の健康のためには帰宅と同時にうがいや手洗いが出来るように
共用玄関の収納部に手洗い器を設置することも一案かなと思います

階段室の吹抜けを貫く縦長の窓前に設置すると明るく衛生的です
そして収納の下部分に照明を入れておくと間接照明の役割を発揮して
玄関としての雰囲気が醸し出されること間違いありません

風邪よ去れ!温かくして寝ます。。。

ページの先頭へ

備えあれば憂いなし

2016年2月15日


昨日の春一番が過ぎて一安心していたら急に寒さが戻ってきました
今日の夕方は冷たい雨が降りだしました

ところで、あと少しで東日本大震災から5年になります

災害時には避難所での生活が余儀なくされる場合があります
しかし最近では「危険が及ばない限りは自宅で生活」と防災に対する考え方が変わってきています
プライバシーも守られ住みなれた家で生活することは心身にもプラスです

そのため、電気、水道、ガスといったライフラインが止まった時でも生活できるように備えておきたいものです
しかし普段はどこに何があるかあまり意識することがありません
そこで、いざという時は家族の誰もが分かるように保管場所を決めて
一箇所にまとめて収納することをお勧めします
分散すると取り出しに時間がかかったり準備していなかったなどということも起こり得ます

「備えあれば憂いなし」の一言につきます

ページの先頭へ

2016年02月15日

自給自足の家作り

2016年2月12日


昨日は丹沢の塔の岳に登山へ行ってきたため、筋肉痛で久々に足の痛さを感じて1日過ごしました
冬の山は空気が澄んでいて東西南北どこを見ても素晴らしいさを感じますが
やはり一番は富士山です。真っ白に雪化粧をした富士山を中心にした雪景色でした

さて、今日は午後から新横浜のプリンスホテルで
住宅の省エネルギー基準の見直しについての講習に参加しました

現在、認定低炭素住宅、長期優良住宅、ゼロエネルギー住宅、
ネットゼロエネルギー住宅と一般住宅とに分類されています
これからいくと2020年以降は一般的な住宅は建てられなくなります
私が思うのは住宅の性能と住宅のコストのバランスが大切だと思います

ゼロエネルギー住宅とは=(使いエネルギー)-(創るエネルギー)≦0
となる住宅となります

2030年には一次エネルギー消費量が正味(ネット)で概ねゼロとなる住宅になる予定です
今後15年ほどの住宅建築はエネルギーの自給自足を目指していくことになります

最後に山の写真をどうぞ!

CIMG4890.JPGCIMG4885.JPG

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求