2015年03月21日

来年のために結露対策のおさらいです

2015年3月20日

今年もあっという間で、明日は春分の日です。
冬の寒さはなくなり、桜の花を見られるのもあと少しです。
冬の結露とも当分出会わなくてもよさそうな感じですが、結露対策を
忘れないようにしておきたいと思います。

①冬季は家全体の室温を20℃前後に維持し、温度が低い場所を作らないようにする。

②暖房しない部屋は水蒸気量が多くなるので除湿器を使う。

③開放型ストーブの使用や洗濯物の室内干しは、水蒸気の発生源になるので控える。

④非断熱空間と断熱空間を仕切る室内の建具は開け放しせず、明けたら閉める。

⑤外壁に接する場所に建具を置く場合は、壁から5cmほど離し、床にすのこを敷き
 空気が流れるようにする。

以上の事を来年の冬まで忘れないでおきたいものです。

ページの先頭へ

坂道の現場

2015年3月19日

早朝雨が上がったので、リフォーム現場へ軽トラックで出掛けました。

足場屋さんの職人さんたちが、足場の材料を少しずつ担いで現場まで登って行くのが
見えます。
高低差が約20m弱、距離が60m程で階段がある坂道の現場です。
3月なので暑くないのですが、職人さんたちも汗が少し滲んでいるように見えます。

車を止める場所を少し移動して、通行する人や近隣の方々の車の出入りの邪魔に
ならないように気を配ります。お客様に声を掛け、工事の予定と段取りを報告。

職人さんたちは、安全にはくれぐれも気を付けるように伝えて、次の現場へ向かいます。
天気が気がかりでしたが、3時頃に無事に完了という事でした。

来週から塗装やさん・屋根屋さん・外壁やさんの予定です。

ページの先頭へ

プランの多様化

2015年3月18日

日中は昨日と同じくらい暖かくなり、車に乗って窓を開けても気持ちが良いくらいでした。

今日は午後から東京の竹橋まで行き、設計のセミナーに参加しました。
最近、一戸建てのプランで多くなってきているのが、
1階LDK+居室+パントリー+玄関収納。そして2階に浴室+ユーティリティ(洗面所)+寝室3部屋という間取りになっているという話を聞きました。

たしかに若い世代の方で住宅取得層の方々は多いかと思っていました。

2階浴室プランにすると、大型パントリーや収納部分のスペースがとれ、
「洗う→干す→しまう が2階で完結する洗濯動線」ができます。
このことから、2階浴室のプランの魅力は「1階の収納量の充実」と
「効率の良い洗濯動線」であることがわかります。
広い敷地なら浴室は1階に。100㎡前後だと日当たりの関係上、2階に浴室という
プランもかなり有効に使えます。

これからも一層プランの多様化が進む事と思います。

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求