2014年11月28日

漏水修理

2014年11月27日


朝起きると、昨日までの雨は上がっていて
気持ちよく家を出ることができ
何か良いことがありそうな一日の始まりでした

朝一番で平塚へ向かい
築37年の家の漏水の修理です

途中水道屋さんと待ち合わせて一緒にお客さまの家に8時過ぎに到着
お客さまに挨拶をしてから原因を調べ始めました。
まず、水道メーターのバルブをひねると異常な勢いでメーターが回っています
お客さまが言われるように、下水道代金の請求が1回2万円以上だってのです!

水道屋さんもメーターの回り具合を見て驚いきました
早速、超音波の道具で漏水場所を探し始めました。
20分程も経たないうちに漏れている場所が見つかりました
外の土を掘り出す作業をしていると深さ40cm程のところの
水道管の継ぎ手部分が破損して、漏れているのが分かりました
CIMG3073.JPG


修理を終えて確認すると、再びメーターが回ります・・・

再度、別の場所を見つけて修理完了。今度はメーターが回りません。
CIMG3074.JPG


お客さまも大変喜んでくださいました
私も水道屋さんも朝からお客さまの笑顔を見ることが出来て良かったです。

ページの先頭へ

2014年11月27日

強い家を・・・

2014年11月26日

連日の雨降りで肌寒く、ひと雨ごとに冬が近づいているのを感じます。

長野北部地震の災害に会われた方々は
余震もあり、さぞかし大変な思いをされていることと思います。
いち早い復旧を願うばかりです。

テレビで見ていると屋根が大きく、立派な家が倒壊している様子が
映し出されていて、痛々しさを感じました。
生活されている方々もご年配の方々が多くみられ
途方にくれている様子です。
本当に天災(地震)は予期せず襲ってくるのですね

私たちは建築の仕事に携わる者にとって家の強度、
地震に対して強い家造り、街造りを常に心がけていかなければと
つくづく思いしらされました。

ページの先頭へ

2014年11月26日

雨の現場

2014年11月25日

3連休は天気が良く比較的暖かい日が続いて過ごしやすかったのですが、
今日は天気予報通り朝から雨降りになり、外構屋さんなどは仕事にならないので
早々に作業を引上げ、明日の土間コンクリートの生コン打設を
明後日に切り替える段取りで始まりました。
電気屋さん・水道屋さん・ガス屋さん等が最後の器具付作業をやり終えると、
内部の出来栄えが一段とハッキリし、生活感が出てくるのがわかり楽しみです。
1階が店舗で、お母様のお店とお施主様のお店。2階が住まいになっているので
私から見ると通勤はいらないし、経費はかからない。うらやましい限りです!
お母さんもお施主様ご自身も明るくしっかり者で商売上手。
商売繁盛間違いありません。

昨日のおにぎり、ごちそうさまでした。

ページの先頭へ

2014年11月22日

現場の変化

2014年11月21日

11月もあと10日を切り、少し寒い日が続きそうです。
今週上棟した現場では、大工さんが中心になり張り切って工事を進めています。

筋違い・門柱・窓台や金物の取付け、気密工事等が少しずつ毎日進んでいくのが良くわかり,
お客様にとっても毎日現場へ行く度、現場の様子が変化してきて
出来上がって行く楽しみが感じられる事と思います。

屋根工事・サッシ工事・トップライトの取付けに入り、来週から各製品の取付けを
していくので、様子が良く分かってくる時期です。
骨組みの状態では各部屋の想像がつきにくいのですが、壁の下地が貼られてくると
かなり良く分かってくるので、お客様には楽しみに現場を見て頂きたいと思います。

ページの先頭へ

2014年11月21日

色の好み

2014年11月20日


午前中は曇りでしたが、昼過ぎ頃から雨が降りはじめ
肌寒さを感じました

ご近所のお客さまから、先週末に階段の手すりの取り付けの依頼をうけました
今日、見積書とカタログをお持ちしました

お客さまには、色にこだわりがあるらしく、再度夕方、現物見本をお持ちして
施工方法をお伝えして、色を決めて頂きました。
その後、材料の発注をいました。

色の好みはお客さまにより、さまざまなのは長い間仕事をしていて感じています。
逆にお客さまの色のセンスの良さに驚くこともあります
非常に勉強させられる事が多い分野です。

ページの先頭へ

2014年11月20日

先送りです

2014年11月19日


消費税10%!17年4月首相 「再延期せず!」 
の新聞見出しで、今日は始まり
増税は個人消費を押し下げ、
デフレ脱却も危うくなるという判断からいうことらしいのです

1989年3%での導入後
1997年に5%に上がり
2014年、今年8%に上がりました。

この消費税増税のたび国民が右往左往しています。
どうしたら国民が良い方向に向かうのか難しい事だとつくづく思います

私はといえば、小さな一人の人間として
毎日、精一杯生きられれば良いのですが・・・
とにかく、今の家づくりの仕事に一生懸命取り組んで
お客さまのお手伝いをしていきたいと思います

ページの先頭へ

2014年11月19日

気を引き締めていきます

2014年11月18日

昨日、土台敷きをして日が悪いので柱一本建て上棟のお祓いをしておいた現場は
今日骨組みを建て、屋根下地まで組み終えました。
天気も良く職人さんたちの動きも特に良かったように見えました。
明日からは、大工さん・屋根屋さん等の職人さんが次々入って作業を進めていきます。
またこの現場で、楽しく気の抜けない日が何ヶ月か続きます。


CIMG3004.JPG

ページの先頭へ

2014年11月18日

ふたつの現場

2014年11月17日

土台敷きの現場は、8時に土台・大引・柱が搬入され
大工職人が基本墨から全体の寸法を出し、まず気密シートを敷き、
土台を敷いていく作業を始めています。

こちらの現場は材料が桧なので独特な香りが漂っていて、
なんとも言えないものがあります。
これから柱が建ち梁がかかり、家が組み上がっていく姿を想像します・・・


もうひとつの現場では足場の解体作業が始まり、仕上がった姿を見るのが楽しみです。
さらにお昼過ぎに現場に行くと、予想をはるかに上回る出来栄えと、
スッキリした建物の雰囲気があり、お客様もきっと気に入って頂けるなと思い
一安心しました。
足場の解体が終わると大変なのが、建物回りの掃除です。
2時間程度で大方終わり、キリッとした現場にして事務所へ帰ります。

ページの先頭へ

2014年11月17日

大詰めです

2014年11月15日


昨日、外壁の左官仕上げが完了し
今日は足場解体前に板金屋さんの雨どい吊りと
電気屋さんの外部の換気口のフードの取付だけです。

板金屋さんの雨どい吊りは、楽に終わりましたが
TVのアンテナを建物のどの位置に設置しても
電波受信状況が悪く、TVが映らない事が分かり少し焦りました。
しかし特殊な機械部品を取り付けることにより映りました。
ひと安心です。

店舗部分の造作家具も大方終了し
来週は足場の解体から外部の給排水工事の取りだし、外構工事へ。
内部は2階はだいぶ仕上がっていて
1階の塗装から内装工事の仕上げになり
最終クリーニングは26日頃の予定です
お施主さまもお店の開店予定に間に合いそうです。

8月初旬から解体工事、お盆明けに杭工事基礎工事と着工し
9月26日の上棟から約2カ月間。
2回の台風や大雨にもめげず
最後まで大工さんを始め大勢の職人さん達の協力により仕上がっていきます。
お施主さまが期待を込めて、温かく見守って下さったおかげです。

最後の最後まで気を抜かず確認し、お引き渡しも現場の様子を見るのが楽しみです。

ページの先頭へ

2014年11月15日

現場の熱気

2014年11月14日

全国的に今年一番の冷え込みになったそうで、
西高東低の気圧配置になっており、少しずつ冬が近づいているのが
感じられます。

朝一番から左官仕上げの予定で、昨日上塗りの下地を作成してあり
今日が最後の仕上塗りで、お客様に見て頂くのが楽しみです。
大工さんも左官屋さんも完成間近なので、熱気があり現場も盛り上がっています。
午後3時半頃お客様が見えられて、外壁の出来栄えに満足して頂けたようで
一安心です。
来週月曜日の足場の解体をした後が楽しみでなりません。
足場の解体の前には、雨といの取付けや電気のフードが残っています。

明日も気を張って頑張ります!!

ページの先頭へ

2014年11月14日

現場のお掃除

2014年11月13日

朝から気持ちの良い一日で、現場作業でも特に外部の工事・基礎・屋根
左官・サイディング・板金・水道の各工事の職人さんは、皆笑顔です。
10月の大雨から外部の工事は、遅れ遅れになっていて取り戻すのに
大変なのがよくわかります。
この天気が当分続くのを祈りばかりです。

私も今日、来週日曜日に上棟予定の現場で、各部分の寸法確認するときに
掃除をしていました。
今の現場、基礎段階での掃除は簡単でいいのですが、
内部配管が終わってからの掃除は、配管の下のゴミを取り除くのに
一苦労です。
20年以上になりますが、鉄筋コンクリート造りの現場の型枠を
外した後の掃除に比べれば楽なものです。
まだ上棟まで時間があるので、もう一度ブロワー(風を出す道具)を
持ってきて掃除する事にします。

掃除をした後は、天気も良く気分が良いものでした。

ページの先頭へ

2014年11月13日

消費税

2014年11月12日


朝のうちは、少し雨が残っていましたが
暖かい1日で、仕事の方もマズマズの感じで進んでいます

来週早々上棟の現場も、一昨日足場の組み立てを完了して
材料の搬入を待つばかりです。
明日、清掃しながら基礎工事、水道工事、足場工事の確認に行く予定にしています

生コンクリートの養生期間も十分とってあり、強度的にはまず問題がありません
後は寸法の確認があり、大切な仕事です

そういえば最近、消費税の問題が取り沙汰されています
私が思うには、消費税を上げるより景気を向上させ
それに伴って個人消費を増大させた方が
実質的な所得が増え税収が増えると思うのですが

そんな事を考えつつ
明日からまた頑張ります。

ページの先頭へ

2014年11月12日

点検・点検・点検

2014年11月10日

今日は引渡しから5年までの家の点検日でした。
朝8時に事務所を出発し、厚木・海老名・寒川の順に回り、
終わったのが夕方の5時頃でした。
日が落ちて暗くなってしまい、お伺いできない家も何件かあり
後日にさせて頂く予定です。

夏の暑い頃にお伺いしたとき「床鳴りが一部するんです」と
仰っていたお客様を訪問しました。
こういう手直しを必要とする点検は、時間をある程度とっておきます。
そして、大工さんと二人で回ります。
床材は桧のエンコウ板のムク材で貼ってあり、下地の床板との間に
わずかなスキマができていて床鳴りがしてるのがわかりました。
大工さんに床下に潜ってもらい、下地の床板と桧のエンコウ板を、
床下の方からビスで締め付けて床鳴りを止め、一件落着。
今度お伺いするときは床鳴りはしないと思います。

やはりムク材は、伸縮が一般の建材に比べ大きいんですね。
呼吸をしているんだと感じました。

ページの先頭へ

2014年11月11日

一服の時間

2014年11月10日


朝から現場の方は沢山の職人さんが入っている

久しぶりに会う職人さんもいて、自然と懐かしさが沸いてきて言葉を交わす。
気温も暖かく気分がいい一日の始まりです。

2時間ほど現場での各部分の納まりの打ち合わせを終えて、次の現場へ。

次の現場では、エコキュートの土間コンクリート打ちをやっている
差筋は基礎本体、ブロックの基礎の両方で持たせるように施工してある
エコキュートのタンクの重みで傾いだり沈下しないのを確認する

久しぶりに一服の時間に缶コーヒーを職人さんたちに買ってきました。
一緒に談笑するのは、今も昔も変わらなく良いものです。

話しながら基礎の高低差を最小限にするようにお願いして現場を離れる。

ページの先頭へ

同じ立場です

2014年11月9日


日曜日の現場での打ち合わせは、外構屋さんとクロス屋さん、タイル屋さん、畳屋さん。
皆さん、自営業者の社長さん達である。

つくづく自営業者の社長さん達は実に良く働くと思う。
職人さんの面倒から段取り、現場作業。なんでもこなしてやっている。

そういえば、わたしも同じ立場だと思うと力が沸いてくる。

事務所での仕事を午前中に済ませて
午後からお客さまのところを廻ろうと思う。

仕事を受注するのは自分の為であり
各業者さん達の為でもある
そして一番は、お客さまが心に温めてこられた
マイホームの夢が叶うように力を尽くすことである。

ページの先頭へ

2014年11月09日

左官工事

2014年11月8日

今日は夕方から雨模様という予報でしたが、雨が降らず助かりました。

朝から外壁に左官屋さんが仕上げ塗り前の中塗りをする日だったからです。
早朝から若い手元を含め7人で作業を始め、3時頃には塗り終えました。
その後、私は建物の入隅等のコーナー部分等を職人さんと打合せしましたが
最後の仕上げまで、絶対に雨が入らないようにお願いしました。

壁が仕上がる前の塗り具合もまっ平に見えます。

最近、外壁はサイディング貼りが多くて、左官仕上げのものは
近年少なく、年間1~2棟あればいい方です。
左官屋さんの技術を無くさないようにしたいと
職人さんたちの働きを見てつくづく感じました。

CIMG2991.JPG

ページの先頭へ

2014年11月08日

すまい給付金制度のこと

2014年11月7日
今日も朝から現場が忙しいです。
あと10日程で足場の解体予定にしてあり、
電気・左官・雨とい・サイディング各工事業者との確認から
あと少しで終わる大工さんとの確認。予定通り工程を組みます。
雨降りも計算に入れていますが、あまりにもキツキツの工程は
必ず無理が出る事が多いのが現場です。

事務所に戻り、住まい給付金制度について申請書に目を通し
お客様に当てはまるか確認しました。
住まい給付金制度は、消費税引上げにより住宅取得者様の負担を、
緩和するために導入した制度です。
住宅ローン減税は支払っている所得税等から控除する仕組みなので、
収入が低いほどその効果が小さくなります。
住まい給付金制度は、住宅ローン減税の拡充による負担軽減効果が
十分に及ばない収入層に対して、住宅ローン減税と合わせて消費税引上げによる
負担の軽減を図るものです。収入によって給付額が変わる仕組みで

消費税8%の時 収入が425万円以下の場合、給付額が30万円
425万円超475万円以下の場合、給付額が20万円
475万円超510万円以下の場合、給付額が10万円となっていて
消費税が10%になったときは、また給付額が変り、
10万円~50万円になる予定になっています。

住まい給付金制度の講習へ行ってから1年近くになりましたが、
確認する機会となり良かったです。
消費税は上がりましたが、住宅を取得するにあたり
負担を抑えるための制度が導入されています。
お気軽にお問合せください。

         

ページの先頭へ

2014年11月07日

職人さん

2014年11月6日


今日は建て方の前に外回りの給排水工事、雨水排水工事の二日目です

水道屋さんの社長が自ら先頭に立ち工事をやっている姿には感心しました。
それに職人も一生懸命頑張って答えていました
皆さん、キツイとか汚いとかの文句も言わず
ひたすら、土の穴を掘ったり、砕石を入れ養生をしながら配管を進めていきます。

作業の手戻しがないように現場を見るのが、わたしの仕事です。
逆に教えて頂くことも少なくありません

こういう現場風景を見ていると
現場で作業をしている方々に感謝の想いが湧いてきます
良い現場作りに励み
お客さまの家づくりに貢献し続けていきたいとつくづく思います。

ページの先頭へ

応援しています

2014年11月5日


今日は、大工さん3人、左官屋さん5人で作業を進めています。
左官屋さんの職人の中には若い方が2人いて
最近の現場ではめずらしい存在になってきました。

左官屋さんは下の方でミキサーでモルタルを練って
上の方まで機械で上げ、足場の上をバケツで持って運んでからコテで塗ります。
馬力と技術が要求されるので、なかなか職人が育ちにくい職種です。

笑顔で一生懸命仕事をしている姿をみると応援したくなり
怪我に気をつけるように声をかけたりします。

お施主さまがお昼に温かいうどんを振舞ってくださり
みんなで美味しく食べさせて頂きました。
ご馳走様でした。

ページの先頭へ

自分に正直であれ

2014年11月4日


朝、事務所に着いて暫くすると電話の調子がおかしいのに気が付きました
事務員が来るのを待ち、対応してもらうことにして現場へ向かいました

大工さん3人が作業に集中している。残す工期も少なくなってくる。
木工事は一番手間がかかり、大変な仕事だとつくづく感じる。
簡単に打合せを済ませ、違う現場へ向かうと
土間コンクリートの下地工事をしていて、高さ等を打合せして
事務所にお昼に帰りました。

事務所に着くと、NTTの方が来ていて、引込線が断線しているとのこと
1時間程度で電話が復旧してひと安心です。

実は・・・
隣で解体作業をしているのですが
どうやら重機を扱っているうちに線に触れたのではないかと・・・
ですが、そういった「事故」は、基本的に自己申告をしなくてはなりません

わたしの現場では、細心の注意を払い作業をします
もし、作業しづらい場合はあらかじめ移設の段取りをとり、それから作業をします
それでも、「事故」を起こしてしまったら、遣ってしまった者が責任を負い
断線させてしまった事を、近隣に知らせること
断線の復旧の手配など迅速に動くのが鉄則です。

・・・のはずですが、
たまに、いますよね。そういう業者。悲しいことです。
私は自分に正直でいたいと、改めて思いました。

ページの先頭へ

2014年11月02日

ほっとしました

2014年11月1日


毎朝、神棚にお水を上げ、二礼二拍一礼をし、事故の無い様
お祓いをしてから仕事に向かいます。

今日は、「現場で何かあるのでは・・・」という予感がしたので
7:30過ぎに事務所を出て現場に向かいました。

現場に着くと大工さん3人で、
重い石膏ボードを、1階から2階に1枚ずつ運んでいました。
厚さ12.5mm・巾910×長さ2730の一番重い石膏ボードです。
さっそく私も手伝います。
人数が3人より4人の方が、早く終わり楽になります。

今は以前と違い、ボード運搬専門の方が1階から2階に振り分けて
運ぶようになり、かなり現場の大工さんも楽もなりました。
しかし、注文枚数が少なかったときなどは、人件費の関係で
現場の職人が運んでいます。

現在の建物は、準耐火とか省令準耐火という建物が多いので
火災には非常に強くなってきていて、火災保険料も割引になり約半額になります。

今朝の予感は、事故ではなく重い石膏ボードを1階から2階に上げることでした。
一件落着!一安心でした。

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求