2014年09月30日

予知

2014年9月29日


秋晴れが続いて現場作業は気持ちが良い時期です。

しかし、御嶽山の噴火で被害が出ていて
山頂付近には救助を待つ方がまだ居るようです
早く救助されることを祈るばかりです。

わたしも登山が好きでお休みを見つけては山登り行くのですが

昔、学校で活火山、休火山、死火山という3分類を教わりました。
浅間山、桜島は「活」。富士山は「休」。御嶽山は「死」火山でしたが
現在はこういう区分は廃止され、
過去1万年以内に噴火した山はすべて「活」火山と分類されるようです。

最近は、噴火や地震・・・いろんな自然災害が起きます
いつも起きてから取り立たされるのが、「予知」です
正確に予知することにより災害を最小限に抑えることができる時代はいつくるのでしょう

30年前、携帯電話がこんなにも進化し、わたし達の生活に普及することを想像できたでしょうか
「予知」の観点でも、一日でも早く察知できるような時代が待ち遠しいです。

ページの先頭へ

基礎断熱

2014年9月28日


秋晴れで風が多少ありましたが気持ちの良い一日でした。

今日は先日に引き続き、基礎断熱について書いてみます

基礎断熱は床下の空気を温められるのが最大のメリットで
さまざまな発展性をもっています。

一般的なのは床下断熱です。
暖房の形態はコストと好みによって決まりますが
ローコストな方法としては、FF式床下に置いて温風を床下に押し出す方法があります。
基礎のコンクリートに蒸熱しながら床下全体が温まります。
その結果床面の表面温度は室温より約1度程度高く保たれ、室温は非常に快適になります。

この方式の発展系として、床下専用ダクト付きFF式ストーブを使う方法もあります。

ページの先頭へ

雨漏れ修理

2014年9月27日


朝、少しゆっくり出て現場の段取りを一番に済ませてから
先日うかがった、サッシの廻りから雨漏れがするというお客さまのところへ行くことにしました。

10時半頃に着いて
サッシのガラスを押さえているゴムの廻りとアルミ材の継ぎ手部分にテープを貼り
コーキングを入念に施工しました。
他の部分も点検し雨漏れしそうな部分をコーキング施工して終了しました。

お客さまがとても気持ち良く応対してくれて、気分の良い一日の始まりになりました。

近いうちに防音工事をするので連絡をくださるそうです。
よろしくお願いして帰ってきました。

帰ってからのニュースに
御嶽山の噴火のニュースがありました
私も登山を愛する人間として状況が気になります
一刻も早い終息を願います。

ページの先頭へ

2014年09月27日

大安吉日の上棟式

2014年9月26日

昨日の雨がウソのような秋晴れで、今日は大安吉日。
気持ちの良い朝で始まり、上棟式にはもってこいの日になりました。

朝7:30に現場に行き、まず大工職、材木の運転手、重機の運転手と
安全の確認・進め方の打合せをすませました。
それから、ガードマンの方に通行人安全をはかるようお願いをして建方の作業を開始。
作業前が一番大切で、いつも念には念を入れて一通り確認します。
材料を置く場所が狭い場合、材料運搬車両を安全な場所に待機させておきます。
大体9:00頃までに荷下ろしをして、2階より上の材料を先に下ろした車両が
再度取りに行くという手配です。
上棟式は一般的に夕方なのですが、今回はお客様のご都合で午後一番に
執り行われました。
お清めと乾杯をすませ職人さんにご祝儀を渡し、再度作業に取り掛かりました。
夕方5:00まで作業をして後片付、解散しました。

出来上がりをイメージして図面にしたものが
明日から少しずつ「かたち」になっていきます。
今回は久々に店舗併用住宅なので楽しみです。

ページの先頭へ

2014年09月26日

台風です

2014年9月25日


朝から風と雨です。
現場に着くと・・・ 問題なし!
隣のおばちゃんに工事の延期を再報告

途中で2年前にリフォームしたお客さまからTELがあり
雨漏れがするという。
何故か?すぐお客さまの家へ直行

雨が少しづつ上がり始めてきた
雨漏れの場所を確認。原因は古いFIX窓の下部のガラスを押さえてるゴムのパッキンが
両サイド5mmずれて穴が空いているのが分かりました。

お客さまも納得されて、明後日テープとコーキング、プライマーを用意して来る事を
約束して帰りました。

リフォームした箇所では無かったので
ひと安心です。ほっ。

ページの先頭へ

上棟延期です

2014年9月24日


明日は台風の予報
実は明日、上棟予定でしたが。大事をとって、一日延ばすことにしました。
こういう一日は現場の段取りの変更、状況確認が大事です。

まずは、お客さまへ、そして現場の近隣の皆さまに予定変更を知らせます
現場の職人へは明後日の駐車場、搬入車両、職人の人数の確認をして
現場の整理をし、事務所で各部分の納まりの確認です。

明日の台風の影響を考えると心が重い
明日は早起きすることにする

ページの先頭へ

2014年09月23日

秋分の日

2014年9月23日

朝から晴れ渡った秋分の日の今日、お墓参りに行かれた方も
多かったかと思います。
今日一日は落ち着いた空模様でしたが、台風が近づいてきて
気が気でなりません。早く過ぎ去ってほしいものです。

建築の建方を間近に控え、大雨・大風にあってはたまりません。
事故がないように注意し、台風が過ぎ去るのを待つことにします。

「果報は寝て待て」といいますしね・・・。

ページの先頭へ

2014年09月22日

耐震住宅100%決起集会において

2014年9月22日

今日は午後から「耐震住宅100%決起集会」があり
JR池袋にある自由学園明日館へ出かけました。

阪神淡路大震災における死者の9割は住宅が原因でした。
旧耐震住宅の倒壊により、本来守るべき自宅が凶器となってしまったのです。
東日本大震災を経験した今日でも、日本の住宅の耐震化は進んでいません。
旧耐震基準の木造住宅はまだ1000万戸あり、そこに住んでいるのは
およそ2000万人。この旧耐震住宅を新たな耐震基準の住宅に変えれば
そのうち9割の命が救えます。
しかし、残念ながらこの事実はあまり知られてはいません。
政府は旧耐震住宅を減らす「国土強靭化政策」を進めていますが
まだまだその認知度、浸透度は低いのが現状です。

また、特別協力者の三浦雄一郎さんの講演もありました。
80歳でエベレスト登頂に成功し、85歳になったらチョー・オユーという
8000m峰登頂を目指してる話を聞きました。
強靭な肉体、精神力を持ち続けている方だと驚き、
歩く足の軽快さにまた驚き、生きる目的を持ち続けている
「英雄」という思いで帰ってきました。


2014.09.23.png

ページの先頭へ

結露には2種類あるのをご存知ですか?

2014年9月21日


今日は、朝から気持ちよく晴れ渡り、遠出日和で事務所の外は
人通りも車も少なく静かです。

久しぶりに断熱施工法のDVDを見てみました
あと、3カ月もすると寒い冬がやってきて、窓ガラス等の表面に結露が発生します。
窓ガラスやサッシ、壁などの表面に発生する結露を「表面結露」と言います
この表面結露は、窓ガラスのアルミ部分、壁等の断熱性を高めれば解消されます。

実は表面結露以上に問題になるのが、普段は見えない壁の中で起きる「内部結露」です。
内部結露は、冬に室内の湿気が壁の仕上げ材などを通り抜け
室内より乾燥している外気へと向かうことで発生します。

壁の中は室内側から屋外側向かって温度が下がっていきますから
外へ向かう湿気は壁を通過する途中で冷やされて露点に達しそこで結露するのです。

内部結露を防ぐには、
「冷たくなる屋外近くに湿気を入れないこと!」です。

ページの先頭へ

足場の組立完了

2014年9月20日


曇り空で少し肌寒さを感じる朝
7時半に事務所に着くと大工さんがもう来ていました。
挨拶を交わし、今日の段取りの確認をした後、お茶を飲みながら現場に向かいました。

1階の店舗の床の下地を止めるボルトの穴の位置を
墨坪を使い、昨日一人で出しておきました。
その位置に順次、墨を打って行き、図面を見ながらボルトの位置を出し
チョークでシルシを付け、大工さんにハンマードリルで穴を空けてもらいました。

綺麗にホコリを掃除して、再度ホコリが穴の中に入らないようにテープでふさぎ、とりあえず終了。
床のコンクリートを打ってから2週間ほど経っているので
コンクリートに穴を空けるのが思ったよりも楽で助かりました。

午後からは、足場の組立予定です。

3時ころ、再び現場に行ってみると、大方足場が組み立ててあり、送電線もうまくかわしてあり
敷地の周りには、床養生もしてありました。

あとは、材木の搬入を待つばかりです。

ページの先頭へ

2014年09月19日

現場にある危険

2014年9月19日

朝8時前に事務所に出て現場に行き、
昨日の水道屋さんの工事の確認をしました。

コンクリートのホコリをほうきで掃き出していると
昨日お願いしておいた東京電力の方が来て、宅地内を通っている
送電線の養生の防護管を設置しまた。
安全確認をしてほしいとのことで、見てみたら
送電線を包むように黒い保護管を取付けてありました。
「気をつければ大丈夫かな」という感じです。

明日は足場の組立てです。
東京電力といい、NTTといい地上の線が多すぎるのは
角地なので仕方ありません。
しかし、建物の建替えをするのには、非常に危険です。
注意しながら施工するより他はないのですが、早く地下ケーブルにして
安全対策を考えなければならないと思います。

ページの先頭へ

2014年09月18日

ちょっとした思い出

2014年9月18日

今日もまあまあの天気です。

現場では水道屋さんの社長自ら重機を運転し、職人さん4人と
宅地の建物の外回りの下水・雨水・給水の工事を施していました。
水道屋さんの社長とは20年程の付き合いになります。
いつも元気よく職人さんたちを上手く使っている人です。
昔は地下足袋をはいて現場に出ていたのを思い出します。
月日のたつのは早やいものです。

いつまでも元気いっぱい、働きすぎないように気を付けてください!

ページの先頭へ

耐震改修

2014年9月17日


一日中曇り空ではっきりしない日でした。

来年度予算の概算要求から見る住宅分野の注目する点では、
「国民の安全、安心の確保」とあります。
具体的に言うと、切迫する南海トラフ巨大地震、
首都直下地震などへの対策の指針が盛り込まれました。

住宅の耐震比率を2020年までに95%とする目標の達成に向け
「住宅、建築物の耐震化の促進と密集市街地対策の推進」として
246億円が計上されました。
この中で耐震改修促進法により耐震診断が義務付けられた建築物の所有者は
この法に則り実費で耐震改修工事をしなければなりません。
ですが、所有者に対し耐震改修などの経済的負担を
軽減するためさらなる支援措置の充実が記されました。

私たちには「日本の家を100%耐震にする」という明確なビジョンがあり
住宅を手掛ける者の使命だと感じています。

ページの先頭へ

2014年09月16日

来年はどうなる?

2014年9月16日

日ごとに秋空になり、吹く風も心地よく感じます。

さて、8月28日の各府省庁の来年度予算の概算要求から見る
住宅分野の注目するところは・・・
地域型住宅グリーン化事業が創設となり
「地域型住宅グリーン化事業」(120億円)が盛り込まれました。
これは、「地域型ブランド化事業」の後続的な事業として
地域の中小工務店による、良質な木造住宅建築を支援するものです。
地域型ブランド化事業では長期優良住宅が対象となっていましたが
同グリーン化事業では、ゼロエネルギー住宅と認定低炭素住宅が加えられました。
補助金の限度額は、長期優良らいねんは住宅は今まで通り1戸あたり100万円。
ゼロエネ住宅、認定低炭素住宅は165万円としています。

今後の動向に注目したいところです。

ページの先頭へ

新聞記事より

2014年9月15日

午前中は曇り空で少し動くと汗がにじみました
今日は敬老の日で、祭日です

新聞によると国民の1/4以上が65歳異常ということです
どんなに高齢になっても、希望を失わず、若々しくありたいものです。

それから、こんな記事も・・・
火災保険の契約期間が来年10月から今迄35年間だったのが
10年以下に短縮されるそうです。
やはり、異常気象などの影響で自然災害が多発しているせいでしょう
自然や人類の存在するより前にあった何かに対して
畏敬の念を忘れてはいけないのかなーと思います。

ページの先頭へ

2014年09月13日

高齢者にやさしい家2

2014年9月13日

昨日と同じ様な雨雲でいまひとつスッキリしません。

昨日の続きになりますが、健常な高齢者の住宅に必要な最低条件を書きます。

① 寝室から直接出入りできる専用トイレを設ける。

② 玄関から前面道路までは、簡単な改修で車いすによる移動ができるようにする。

③ 玄関近くに8帖程度の居間を設け、プライバシーを配慮した場所に寝室を確保する。

④ 寝室が上階にある場合は、安全な手すりを備えた勾配の緩い階段にする。

⑤ 間口が広く使いやすい収納空間を寝室と居間に確保する。

以上の点を考え、住宅の設計を始めたら少しは役に立つと思います。

ページの先頭へ

2014年09月12日

高齢者にやさしい家1

2014年9月12日

雨が上がり暑さも少しずつやわらいできました。

新聞によると「敬老の日」の15日時点で、100歳以上の高齢者は
昨年より4423人増え、過去最高の5万8820人に上ることが
12日、厚生労働省のまとめでわかったそうです。
これからは一層少子高齢化が進んでいきます。
住宅業界も、一層医療とネットワークを築き健常な
高齢者への提案も必要になります。

例えば、トイレと寝室は至近に計画することが
大事なことの一つです。


まだまだありますが、続きは明日です。

ページの先頭へ

2014年09月11日

少しずつ

2014年9月11日

朝から雨が時々強く降ったり止んだりと、少し蒸し暑い1日でした。

昨日の夕方に打合せをしたお客様への現場へ行き
道路からのスロープがどの程度の勾配になるか
高さを測ってきました。
想定通りの高低差で5~6%ほどの勾配になり一安心。
宅地内は水はけが良く、これも格別問題なし。
(ただ、お客様が夏に雑草を刈ったものが山になっているのが気になるくらいです)

開発許可申請、確認申請が今月いっぱいで認可になり、
長期優良住宅の技術的審査は10月初旬。
10月5日~10月10日頃には着工予定です

少しずつ楽しみになってきています。

ページの先頭へ

2014年09月10日

赤ちゃんのための家づくり

2014年9月10日

建て替えを計画されている近くのお客様のところにお伺いして
2時間ほど設計打合せをしました。
2か月ちょっと前に生まれたばかりの赤ちゃんがいて
かわいい盛りです。
お伺いした時はよく寝ていたんですが、しばらくすると
おなかが空いたのか泣き始めてしまいました。
おなかがいっぱいになると、また静かになって・・・
懐かしい光景です。
あれやこれやと考え、赤ちゃんのためにどんな家づくりを
しようかと楽しみです。

今度お伺いした時は、どんな泣き声になっているでしょう?
待ち遠しくなります。

ページの先頭へ

2014年09月09日

16年前のお客様

2014年9月9日

早朝、現場で左官屋さんと防水モルタルの範囲を相談しました。

16年前に建てた家の換気扇フードのランプが壊れてしまい
どこの電気屋さんに頼んでも修理ができないということで
お客様のところへお伺いし、見てみましたが・・・
メーカー名はわかるのですが、品番がわからず少し困りました。

とりあえず、メーカーに電話して調べてもらうことにして
こういうキッチンのフード等製造しているメーカーが何社かあるそうで
製造メーカーがわかれば修理が可能だということです。

後日、修理の連絡をしてお伺いすることにしました。
建物のきれいにつかっておられ、16年というのは早いものだと
つくづく感じました。

ページの先頭へ

コンクリート打設

2014年9月8日

一日中曇りで気温は26~27℃。湿度は60%ほど。

今日は基礎の立ち上がり部分のコンクリートを打設します。
アンカーボルト、ホールダウン金物の位置を確認して、その後コンクリートの打設開始です。

anka-.JPG


コンクリートの打ち込みはポンプ車の人が高さを合わせながらポンプを操作してくれます。
下がったポンプの先を基礎屋さんが、立ち上がりの型枠の中に流していきます。

dasetu.JPG


そこから基礎屋さんの腕の見せ所です。
木ゴテを持ってならす人が一人、コンクリートに振動をかけるバイブレーターを持つ人が一人、
コンクリート中の空気を抜く人が一人。役割分担があります。

ある程度コンクリートが固まり始めたころに
レベラーを流し水平面を作ります。
最後に、ビニールシートを基礎の上にかぶせ、
散水し、シートが風で飛ばないように押さえて打設完了です。

si-to.JPG

kanryo.JPG


今夜の台風が少し気になりますが、
明日は良い天気になりそうなので、養生ビヨリになると思います。

お疲れ様でした。

ページの先頭へ

打合せです

2014年9月7日

一日中雨でしたが、夕方には降り止み虫の音も聞え秋を感じます。

こんな雨の日でも、お客さまが事務所まで来てくださいました。
小さいお子さんを二人も連れて・・・大変恐縮です。
新規のお客さまで、2回ほど打合せてあり、プランニングのご説明です。

事務所での打ち合わせは、すべてのお客さまにお願いしています。
カタログや現物見本などお見せしておきたいものがたくさんあります。
やはり、ネット上だけでなく、本物の質感を味わって頂きたいからです。

お客さまのご質問など、アレヤコレヤとうかがい、アドバイスさせていただきました。
参考になれたかなと思います。

お打合せお疲れ様でした。

ページの先頭へ

2014年09月06日

恵みの雨

2014年9月6日

蒸し暑さを感じる1日です。

午後から雨が少しパラつきましたが、たいした事はなく

現場に行くと、基礎工事の親方が
基礎の立上りの型枠を入れていました。

今日、だいたい終わる感じなので、夕方確認に行きました。
月曜日の立上りの生コン打設の準備までしてあり一安心。
今夜、一雨降るとコンクリートにヒビ割れが入る事が無くなり助かります。

炎天下時の生コンクリートの養生には気を使う事が多くあります。
急激に乾燥しないように湿潤養生が大事なことで、
建物の強度はまず地盤そして基礎工事が重要です。

ページの先頭へ

2014年09月05日

配筋検査

2014年9月5日

久しぶりに暑さがぶり返してきた1日で始まりました。

配筋検査が11時の予定なので1時間前に行き最後の確認です。
検査員の方も15分前に着き30分ほど、こまごまとチェックをしてOK!

次は生コンの段取りの確認です。
配筋工事をした吉田さんが昨日から私に質問していた件がありました。
基礎梁の鉄筋の長さのことです。
例えば2.7mの長さの梁があったとすると、太い方の鉄筋を伸ばし
定着長さ(継手の長さ)を取るのか、細い方の鉄筋を伸ばして定着長さを
取るのかという点です。

私は安全策の太い方の鉄筋を伸ばし定着長さを取った方を選んで
鉄筋工事をしてもらいました。
今日、検査員の方に確認したところ、即答はできないので
事務所に帰ってから電話するということで終わりました。
お昼を過ぎた1時頃に電話があり、細い方でも太い方でもOKということで
吉田さんも一安心です。

4時頃には基礎の耐圧板もきれいになって一段落。

明日からまた楽しみです。


CIMG2669.jpg

CIMG2674.jpg

ページの先頭へ

2014年09月04日

準備万端

2014年9月4日

昨日の山登りで足が少し痛いくらいです。

明日の配筋検査と生コン打設前の確認に
ほとんどの時間を費やしました。

まず、基礎断熱の施工状況は各場所ごとの配筋の圣、ピッチ、かぶり
定着の長さ、補強筋はOK!
水道の給水工事、排水工事の位置配管はOK!

明日、もう一度鉄筋工事、給排水工事の確認をして
検査を終わらせ生コンクリートの打設の段取りです。

明日が楽しみです。


CIMG2654.jpg

CIMG2656.jpg

ページの先頭へ

2014年09月03日

息子と二人で

2014年9月3日

今日はお休みです。
1年ぶりに息子と二人で山登りに出かけました。
最近は山でも尾根とかであれば電話、メールは通じ仕事の対応はできるので
非常に便利です。

今日は2万年前の氷河でできた千畳敷で有名な木曽駒ヶ岳です。
ハイキング気分で行けるかな?と軽く考えていましたが
思ったよりハードでした。
登り始めは雲もありましたが、2時間ほど歩いたら晴れてきたので
ほっとしました。しかし、すぐまたガスが出て来て10センチ先が
見えなくなってしまいました。

山の天候は変わりやすいので気をつけないといけないですネ。

2014.09.03.jpg

ページの先頭へ

基礎断熱

2014年9月2日


昨日までの雨がスッキリ上がり、綺麗な青空が広がっています。
現場の方も資材の搬入をしてスムーズに進行させたいものです。

現在進行中の現場は基礎断熱を採用しています。
何故なら店舗併用住宅で、1階が店舗で2階が住宅だからです。

長期優良住宅の基準で省エネ性の点で基礎断熱にしました。
来年の冬の到来が楽しみです。

外部の基礎断熱にした場合、シロアリ対策をした断熱材を使用しないとなりません。
断熱材がシロアリの巣になることがあるからです。
結露と共に注意を要します。
基礎外断熱工法を取ると熱橋(ヒートブリッジ)の低減になります。
床断熱や基礎内断熱にした場合、
アンカーボルトやホールダウン金物が熱橋となってしまいますので、基礎外断熱を採用しました。
断熱材を基礎の外に貼ることで、基礎全体が室温に近くなるので、熱橋となりません。

この現場の見学会を10月の半ばに予定しています。
実際にご覧になりたい方は、是非ご来場ください。現物を見ながら説明させて頂きます。

CIMG2616.JPG
[中央にある水色の板状のものを、基礎断熱に使用します]

ページの先頭へ

2014年09月02日

忘れない

2014年9月1日


今日で関東大震災から91年が経ちます。
「天災は、忘れたころにやって来る」では、ないですが
絶対忘れてはならない出来ごとです。

今日は、朝から一日雨。。。

午前11:00から、今基礎工事を進めているお客さまの家で、
細かい部分の仕様等の詰めの打合せをさせて頂き、大方、本体工事の方向が決定しました。

嬉しかったことは、お客さまの家で、お昼に温かい肉うどんを頂いたことです。
少し肌寒むかったせいか、温泉卵と温かい肉うどんがとても美味しく感じました。
ご馳走様でした。

これからも、より一層頑張る気力が沸いてきました。

ページの先頭へ

2014年09月01日

猫チャン?猫さま?

2014年8月31日


今日は幾分夏が戻ってきたようです。

今日は3年前に新築されたお客さまのところへ建具の搬入です。

その建具というのが少し変わっていて
猫チャン部屋に使うものなのですが・・・
新築のお打合せのときから、猫チャン部屋を配置するほどの猫チャン好きなお客さまで
猫チャン部屋に新しく、夏用の建具を!というご希望でした。
もちろん冬用の建具もあります

夏用の建具は、真ん中のガラスを取り除いて
5cm角ほどの白いワイヤーメッシュをはめ込んだものです。

風通しが良くなります。

部屋にいる猫チャンたちが暑くならないように、そして、部屋から飛び出ないようにという工夫です。

建具を持っていくと、6帖の部屋に猫チャンが居て、
心なしか、建具の交換を嬉しそうに見ているようでした。
こうなると、猫チャンではなく「猫さま」という感じです。

我が家では、猫を飼った事がないのですが、猫好きの人たちの気持ちが
なんとなく分かったような気がしました。

ページの先頭へ

打ち合わせです

2014年8月30日


まだ今日も比較的涼しい朝です。

雑用や細々した設計を終わらせて、
昨日までプランを作っていたお客さまのところへ出かけることになりました。

途中、近くの和菓子屋さんに土産用に水羊羹でもと思い寄りました。
お店のご主人は、作業中なのか・・・私に気づいてくれないので
大きな声で挨拶をしたら、気づいて、笑顔で出て来てくれました。

5分ほど遅れてお客さまのところへ着きました。
今日は、ご主人もお休みでしたので、三人で打合せができました。

ご希望を満たした、間取り、配置に近づいた感じがしました。

帰りがけに、子どもさんから無邪気な挨拶をされて
一層元気になりました。

ページの先頭へ

基礎工事

2014年8月29日

今日は朝一から基礎工事に立ち会いです

基礎の捨てコンクリートへ生コンクリートを打設していきます。
アッという間の作業なので、肝心なことは高さの確認です。

基礎工事の親方が、長さ20cm程度の不杭を90cm間隔で入れておいてくれました
高さを水平にして、ブロック積み部分の捨てコンクリートと一緒に生コンクリートを打ちます。

CIMG2610.JPG

CIMG2611.JPG


気温も夏の割に低いので、割れとかは入りにくい状況です。
来週からは鉄筋工事→型枠工事→基礎断熱工事に入る予定です。

順調に行けば、基礎配筋検査は、金曜日ごろ受けられる予定です。
ですが、基礎工事は天気に左右されます。
週間天気予報では、晴れマークが少なく、気になるところです。

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求